• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

P2Pとは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

信頼の和で繋がるP2Pという仕組み

ビットコインは国や中央銀行が発行する法定通貨と異なり、管理をする中央組織を置くことなしに発行や流通が成り立ち、正当で信頼ある取引が行われ続けている。
なぜ、そのようなことができるかの信頼の仕組みを支える1つのシステムが、P2Pというものである。
P2Pは「Peer to Peer」の略語で、個々の端末を示すPeerからPeerへという意味している。

つまり、管理や統括を行う中央サーバを設置することなく、個々の端末(Peer)がお互いに信頼し合うことで形成される信頼のネットワークを意味する。
端末(Peer)は何でもよく、デスクトップパソコンでもノートブックでもよく、他の端末と繋がることで情報を交換し合うことや、他の端末からのリクエストに応えて情報を共有する仕組みとなっている。

P2Pの仕組みはもともとファイル共有ソフトで使われていたが、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引を支える仕組みとして採用されて脚光を浴びている。
ビットコインではP2P方式を用いて取引データの共有を行っており、中央管理者を設置せずに運用されている。

もっとも、中央管理者がいないとデータの整合性を担保する機能がなくなるが、正しい取引を承認して過去から一連の取引を記録してつなげるというブロックチェーンを導入することで、整合性と信頼性が担保されている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy