• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

ウォレットとは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

それぞれメリットとデメリットがあるビットコインのウォレット

ビットコインはアドレスを用いて送金や取引を行うが、送金ごとや取引ごとにアドレスが発生するため、取引を重ねるほど多くのアドレスを保有することになる。
ばらばらに管理していては分かりにくく、扱いにくいため、自分が秘密鍵を持つビットコインアドレスをまとめて管理するツールとしてウォレットを用いるのが一般的となっている。

ウォレットといっても様々なツールがある。
仮想通貨は目に見えないので物理的な布や革の財布があるわけではないが、かといってネットバンクやネット証券の口座のようなものだけでもない。ネットバンクやネット証券の口座のような形をとるものをWEBウォレットと呼んでおり、事業者が提供するサービスを利用して管理でき、ネットが使えればいつでもどこからでもアクセスできるメリットがある。

その反面、ハッキングや情報流出によってビットコインを失うリスクもある。
スマホ端末で使うウォレットも同様のメリットとデメリットがあるほか、パソコンのデスクトップ上で管理するウォレットはハッキングリスクは減る分、パソコンの故障などによって物理的に分からなくなるリスクがある。

ペーパーウォレットはアドレスを印刷して管理するので、ハッキングリスクは回避できるが、アドレスの生成の都度プリントアウトする手間や、盗難や火災や地震、保管場所の失念、うっかり捨てるなど物理的に失うデメリットがある。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy