• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

エスクローとは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

取引の安全性をサポートするエスクロー

エスクローは取引の安全性を担保する仲介サービスのことで、インターネット上で行われる顔の見えない非対面の取引が安心して行われるようサポートしてくれる。
たとえば、オンラインショップで商品を買った場合やネットオークションで商品を落札した場合、買い手や落札者は本当に商品が送られてくるのか不安になり、一方の売り手や出品者は本当に代金が支払われるか不安になる。

対面取引であれば、お互いが目の前で代金の支払いと商品の受け渡しができるが、非対面の取引の場合はタイムラグが生じる。
クレジットカード決済や銀行振込であれば代金が先に支払われても商品が届かない可能性があり、逆に代金後払いであれば、商品を送ったのに代金を払ってもらえないリスクが残る。

エスクロー業者は不安を持つ買い手と売り手の間に入って、買い手から代金を受け取り、それを買い手に伝達して商品を発送してもらい、商品が買い手の手元に届いたことを確認して預かっていた代金を売り手に渡すといったサービスを提供している。

買い手は商品の発送を受けられない場合にはエスクロー業者から返金を受けられ、売り手は代金が支払われない限り発送する必要がないので代金未払いのリスクを避けられる。
仮想通貨においてもマルチシグネチャ技術を活用することで、売買当事者同士でエスクローができるといわれている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy