• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

ホワイトペーパーとは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ビットコインの基本的な仕組みや目的が分かるホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは株式会社などの企業や事業者が、投資家などを対象に事業の目的や仕組み、有している技術などを公表する白書のことで、目論見書などとも呼ばれている。
投資家はホワイトペーパーの内容を確認して、現在の状況や将来性について判断し、出資や投資を行うかを決める判断材料にする事になる。

ビットコインにおいてもホワイトペーパーが作成されており、2008年10月31日にSatoshi Nakamotoという人物が文書を公開している。
英語で作成された文書で、タイトルは「Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System」となっており、わずか9ページ程度のシンプルなホワイトペーパーとなっている。
どのようなことがかかれているかというと、ビットコインは金融機関などの第三者を介することなく、低コストで取引できる電子マネーのアイディアとされている。

そして、現在の実際の運用でなされているように、中央サーバーを設置せず、ネットワークで接続された端末同士がデータをやり取りするP2Pというシステムを用いることでお互いの確認作業と信頼を通じて、プルーフ・オブ・ワークによって取引情報が改ざんされる虞を実質不可能にした安全なシステムなどと記述がなされている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy