• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

証拠金取引とは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

少額で高額の取引もできる証拠金取引

証拠金取引は今トレンドとなっている外国為替証拠金取引のFXをはじめ、ビットコインやアルトコインを使った仮想通貨FXでも脚光を浴びている。
取引したい規模に応じて予め定められた証拠金というお金を預けておき、その範囲で取引をする仕組みで、そのベースとなる取引を差金決済と呼んでいる。

差金決済とは、株式投資の現物売買のように売買のつど代金を受け渡すのではなく、継続的な取引も可能で最後の決済時に売買により生じた損益の差額のみをやり取りするという取引スタイルとなる。
たとえば、10万円で購入し15万円で売るという場合、通常の売買では10万円を払って買い、売却時に15万円を受け取りますが、利益である5万円のやり取りだけで済むというものになる。

ただし、必ずしも利益が得られるとは限らず、10万円で買ったものが5万円に値下がりする可能性もあるため、損失が生じた場合でも決済ができるよう一定額の現金を預けておくことが求められ、これを証拠金と呼んでおり、証拠金が必要な取引を証拠金取引と呼ぶ。
証拠金がいくらになるかは利用する取引所や証券会社によって異なりますが、本来売買する取引金額よりは少額で済むため、少ない手持ち資金でも大きな取引ができるのが魅力となる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy