• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

電子署名とは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ビットコインの信頼性を担保する電子署名の役割

電子署名とはデータ上に電子的に署名することをいい、紙にペンで署名をすることをパソコン上やインターネットサイト上で行うことを意味する。
ビットコインを送金するにあたっては、真の所有者だけが持つ秘密鍵を使って電子署名を行う必要がある。
取引の相手方や第三者は公開鍵を用いて電子署名と取引内容の整合性を確認し、問題ないと判断することで安心の取引ができる。このことから、ビットコインは電子署名のチェーン(連鎖)と定義されることもある。

電子署名の役割や利用法として、暗号化やセキュリティに役立つカギを生成すること、署名を生成すること、そして、署名の正確性や信頼性を検証することが挙げられる。
ビットコインにおいては、公開鍵であるビットコインアドレスと秘密鍵を生成することに使われ、送金を行うビットコインの所有者がビットコインのデータと送金先のビット濃いインアドレスなど関連付けたデータにハッシュ関数を適用して秘密鍵によって署名し、データ変換して送信を行う。

すると、データを送信した送金者の公開鍵を利用して受信した署名の検証が行われるという取引の一連の仕組みが作られている。
第三者は公開鍵と署名と取引内容などを検証することで、署名をしたのが秘密鍵を持っている真の所有者であることや、データが改ざんされていないことを確認できる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy