• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

Proof of workとは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ビットコインの採掘に適用されるプルーフ・オブ・ワーク(Proof of work)

ビットコインでは中央組織による管理や監視が行われない代わりに、ネットワーク上に繋がれたコンピューターがそれぞれ計算や取引の承認作業に協力することで、常に正しい取引台帳を作成していく仕組みが作られている。

この仕組みをP2P(ピアツーピア)と呼んでいますが、この作業に参加しているマイナーに対して何を基準に発言権を与えるかが問題となり、ビットコインではプルーフ・オブ・ワーク(Proof of work)を採用して、CPUの計算量に応じて与えることにしている。

新たに追加する取引はもちろん、これまで行われてきた取引の全てが正しく繋がっていることを検証していく膨大な計算量をこなし、特定の条件を満たすハッシュを探すという与えられた課題を最初に解いたものに発言権、ビットコインでいうブロックを与え、ビットコインを報酬として支払うという仕組みとなる。

発言権についてはよく51%攻撃が起こるのではと問題となりますが、これは不正を働くためにネットワーク上の過半数の発言権を手に入れる行為を意味する。
もっとも、そのためにはネットワーク全体の半分以上のCPUパワーが必要となって、高速・高性能なコンピューターを用意し莫大な電気代を払うといったコストが発生するためコスパも悪く出現の可能性は低いとみられている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy