• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

10

DJ Qianが他プロジェクトの違いを語る。FUSIONプロジェクトリーダーDJ Qian氏インタビュー「Blockinfo & Venturetimes」

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

Blockinfo & Venturetimesでは今回、FUSIONプロジェクトのリーダーでもあるDJ Qian氏にインタビューを行った。

【インタビュアー】

こんにちは、Block Infoのジェイドとブライアンです。
皆さんQtumとVeChainに関心はありますか?
関心があるのなら、このインタビューもきっと楽しいと思います!
FUSIONのリーダーでもあるDJ Qianさんと共にお送りいたします。
チームについて紹介していただけますか?

【DJ Qian氏】

私は, FUSIONチームのリーダーを務めさせて頂きました。
DJ Qianと申します。以前はBitSEのCEOでもありました。

ご存知の通り、以前の Qtumそして、VeChainを作成してインキュベーションしました。
その前は約12年間IBMで勤務をしていました。
実際に私達は、金融事業の為にパブリックブロックチェーンのプラットフォームを構築しようと努力中です。元々、私達は、金融業界で沢山の経験を積みながらコミュニケーションを重ねてきました。
金融産業界の方々と面会をしながら研究機関から来られた方々を探すことができます。

現在、FUSIONのチームは計26名所属しています。同時に私達は、約50名ものサポーターとアドバイザーが在籍しています。
その内、20名の機関サポーターも在籍中です。

【インタビュアー】

その内、開発者は何人ですか?

【DJ Qian氏】

約15名です。

【インタビュアー】

とっても多いんですね。

【インタビュアー】

FUSIONを一言で表すなら?

【DJ Qian氏】

FUSIONは、全てのブロックチェーンの金融機能のためのブロックチェーンプラットフォームです。

【インタビュアー】

FUSIONを作る目的とは?

【DJ Qian氏】
BitSEは、既にクラウド製品管理プラットフォームだったQtum、VeChainを作りました。

【インタビュアー】

なぜ、FUSIONを作られたのですか?

【DJ Qian氏】

bitSEがFUSIONを作ったわけではありません。
私達がFUSIONを作ったのです。

【インタビュアー】

bitSEにいらしゃった時にQtumを作られたのですね。

【DJ Qian氏】

はい。元々, ICOをする前、研究とリソースに沢山の時間を費やしました。
優秀な人材がQtumと同じDAppやスマート契約プラットフォームで作業するようにしました。
私達はその当時イーサリアムからインスピレーションを受けました。

同じ時間にブロックチェーンに重点を置いている他のVeChainを偽造防止プラットフォームでビジネス協業プラットフォームに変更しました。
2017年に私達はQtumとVeChain ICOを進行しました。

その後に、彼らは独立しました。
その理由は全ての株主達が、この形式でのみ可能で多くの人達がプロジェクトのサポートをすることが
出来るという点に同意をしたからです。
コミュニティーが、この二つのプロジェクトの力になることを願います。

【インタビュアー】

他のプロジェクトと違う点とは?

【DJ Qian氏】

今回、ソウルに来てAelf, Aionの様なクロスチェインプロジェクトに会いました。
最近はクロスネットワークソリューションに重点を置くプロジェクトをより多く閲覧することができます。
クロスチェーンソリューションにおいての違い点は何か気になると思います。
最初の違い点は私達は完全に金融に焦点を合わせていることだと思います。
ELFトークン、AIONトークンはブロックチェーンと他のブロックチェーンとの相互作用をすることができるクロスチェーンの問題を解決しようとしています。

一つのブロックチェーンから発生する一つの情報を他のブロックチェーンに送信することができます。
これは一つ目の違いであり、よりいい商品を作ろうと努力しています。
私達の目標は、金融問題を解決するためにパブリックチェーンを利用することです。

二つ目の違いは私達が、現在暗号世界でただ一つの有形である資産がトークンだと言うことを発見したということです。
デジタル資産、財布を開ければ中にある様々なトークンを見ることができます。
現在のブロックチェーンや、暗号世界はまた他にとても重要な資産を無視します。
それは 未来現金の流れです。現在の会計世界ではとても広く使われている概念ですが、銀行が60日の内100万ドルのお金を稼ぐのを保証する際、それは、あなたが使用できるとても重要な資産でしょう。
現在のブロックチェーン世界では、こうした有形の資産を具現化する方法はありません。
もし、90日以内に10ビットコインを受けることが出来るとしても現段階ではどんな方法でも、それを支援することはできません。

私達はトークンフロー(中央化システムでの現金の流れ)を示すためスマートコントラクトを結んでいます。この美しさは未来のトークンの流れが中央化された機関ではなくコードで成り立っているということです。私達の観点から見た時、中央化された機関よりも、もっと信頼することができます。

三つ目の違いは技術です。
あなたが人々のクロスチェーンの問題を解決しようとする時、それを解決する方法は様々な類型で存在しています。一番目の方法はブロックチェーンの間にかけ橋を作ることと、二つ目の方法は基準を作る事です。ブロックチェーンを作る人は、この基準を使用して、どのブロックチェーンでも通信することが出来る基準を使用することができます。

三つ目の方法は私達がしていることです。
プライベートのKEYにより制御された全てのトークンをレイヤーで作成します。彼らはマッピングされた FUSIONのプラットフォームに固定され、全てのトークンはお互いに協業し相互し働くことができます。

これは三つ目の異なる部分です。
もう少し技術的に言えば 、分散されたプライベートのKEYのコントロール及び、管理メカニズムを提供します。私達は、事件と時間によって生ずる事のあるスマートコントラクトを行えるようにしました。

多くの金融商品は時間と事件との間に関連があるので、スマートコントラクトでこの機能を使用することが可能です。
また、他にも興味深い合意を導き出すのはPOSとPOWのハイブリットコンセンサスです。
それらは二つのアルコリズムによって競争するようになり、勝者は原簿に予約をすることが出来ます。
私達のスマートコントラクトそして、他の技術も追加しました。

所有しているスマートコントラクトがある場合、スマート契約書に未来のトークンの流れが未来のアドレスに入り他のユーザーへ販売することが出来るということです。
その後、コントラクトの所有者になることができ、そして販売者はトークンをもらいます。
私達は、プラットフォームからこれらの金融の機能を実現することに成功しました。

【インタビュアー】

スマートコントラクト部分のアイディアが素晴らしいですね。

Ethereumスマート契約と cryptofinancialとの異なる点は?
triggerメカニズムが必要な理由はなんですか?

【DJ Qian氏】

違いは触発されたイベントにあります。
今日のイーサリアムガスは取引によって解発されます。しかし、現在金融世界で契約は時間と問題によって解発する必要があります。
例えば、現在の銀行小切手は時間及び、時間と関連があります。
自動車保険は自動車メカニズムなどのイベントと関連があります。
この様なタイプの機能を現実化できるプラットフォームとのFUSIONです。
同じ時間に私達はスマートコントラクトと他のスマートコントラクトによってつかまるかもしれません。

しかしFUSIONはスマートコントラクトが未来のトークンの流れを代表にするという特別な機能を持っています。未来、FUSIONの財布は二つの類型の資産を見ることができるという意味です。

一つは現在の資産であり、もう一つは未来の資産として、このコードを保存します。
そしてFUSIONプラットフォームから柔軟にスマート契約を売ることができ、移転することが出来ます。

【インタビュアー】

それはとてもおもしろい機能です。

トークンのコイン交換システムはどうなりますか?

【DJ Qian氏】

FSNはERC20トークンであり、ERC20 FSNトークンをFUSIONプラットフォームとし固定させることが出来ると明らかになっています。

【インタビュアー】

それはいつ頃可能なのでしょうか?
また、プロセスは他のトークンに対するロックと同じでしょうか?

【DJ Qian氏】

はい。 FUSIONのFSNトークンは現在 ERC20トークンです。
メインネットの開始とともにネイティブチェーン全てのブロックチェーンと同様で実際に自体トークンを持つことになります。しかし、メインネットを開始する際、それらはスワップを要請することです。元々、 ERC 20トークンをネイティブトークンへ変更を望む人たち、しかしFUSIONの過程で他のものと異なる場合です。

さらに、EOSも取引所に依存し、トークンを交換しました。FSNは違います。
私達が全ての ERC20及び、全ての類型のトークンと更に、ビットコイン、moneroコインなど、FUSIONにトラッキングが設定できるために交換時、外部からのサポートは必要ないという意味です。
あなたがFUSIONトークンをロックしている場合は、全てのトークンがあなたのアカウントにあるということです。従って、これは FUSIONの内で非常に簡単な過程なのです。

【インタビュアー】

以上でインタビューを終わらせていただきます。最後までご視聴ありがとうございました。

私は Block Infoのジェイド、そして私はBlock Infoのブライアン、私はFUSIONのDJ Qianです。

また次回お会いしましょう!

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy