• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

66

EMURGO、Cardanoの仮想通貨ADAが韓国最大手のプラットフォーム、メタップスプラスにて取引開始

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社EMURGO(エマーゴ)(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:児玉健)は、2018年5月9日、Cardano(カルダノ)の仮想通貨ADA(エイダ)が韓国最大手のモバイル決済プラットフォーム、株式会社メタップスの子会社であるメタップスプラス(代表取締役社長:Seungyeon Kim)において取引開始されることを発表した。

今回のパートナーシップにより、仮想通貨ADAはメタップスプラスのモバイルマーケティングとモバイル決済プラットフォームにおいて取り扱いされることになる。
仮想通貨ADAは、2018年第三四半期までに、メタップスプラスのパートナーである店舗での決済や、そうした店舗との提携プロモーションで使用されることを予定している。

株式会社EMURGO 代表取締役社長 児玉健氏のコメント
「当社とメタップスプラスの提携によって、仮想通貨ADAの利用はより急速に拡大することになり、やがて韓国市場における新しい決済方法として認識されるようになるでしょう。このプラットフォームを通じて、共に新しい時代を切り開くことができるのを大変嬉しく思っています。」

IOHK 代表取締役社長 チャールズ・ホスキンソン氏のコメント
「Cardanoや仮想通貨の熱心な支持者のいる韓国で、日常的な購入に仮想通貨ADAを使用できるようになるのは素晴らしいことです。これによって、仮想通貨の利用がさらに加速することを望んでいます。」

Cardano財団 会長 マイケル・パーソンズ氏のコメント
「韓国はこれまで世界に先駆けて革新的な新技術の早期導入がおこなわれてきましたが、
メタップスプラスがCardanoの仮想通貨ADAの利用を決めたことにより、不正行為がほぼ皆無で、迅速なデジタルでの支払や決済が韓国で間もなく実行されることになります。これにより、一般的な仮想通貨や、特にADAの利用拡大が進むでしょう。」

メタップスプラス 代表取締役社長 Seungyeon Kim氏のコメント
「私はEMURGOと提携し、仮想通貨ADAを韓国最大のモバイル決済のプラットフォームの一つに統合することができ、非常に嬉しく思っています。当社は、仮想通貨ADAの所有者、店舗やプラットフォームのパートナーに売り上げや価値の増加をもたらすことに集中していきたいと考えております。」

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy