ベンチャーニュース検索

メタップス、MGO(Metaps Growth Officer)という役職を創設!7名の執行役員が就任

  • 8
  • 2016年10月7日

株式会社メタップス (本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:佐藤 航陽、以下「当社」)は、2017年8月期より特命担当執行役員としてMGO(Metaps Growth Officer)の役職を新設することを決定した。

MGO(Metaps Growth Officer)とは、グループの急拡大に伴い、各会社・事業の横の連携を強化することを目的に、経営戦略の重要施策として、グループ全体の特定の課題に対する解決ミッションを担う特命担当の執行役員の呼称。任期は原則1年、毎年必ず新しい人材を登用する仕組みとし、若手・新人を制度に捉われず抜擢、時代の変化に対応するメンバーを柔軟に任命していく。

【MGO人事】
— 氏名 —
— 主な担当領域 —

・荻原 充彦
  FinTech領域の事業推進

・加藤 広晃
  グループ財務・経理体制の構築

・小森谷 一生
  グループ全体のデータ統合管理

・鈴木 聡子
  グループ広報・ブランディング戦略の構築

・高木 誠司
  マーケティング事業における顧客基盤強化

・原 大輔
  グループ全体の人事制度・組織戦略の構築

・Richard Zheng
  中華圏事業の強化