• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

注目ベンチャー

118

社員の人間力とプログラム開発力でホットヨガスタジオを全国に直営展開 / 注目ベンチャーインタビュー インタビュー前編

株式会社LIFE CREATE 代表取締役 前川彩香

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

すすきののクラブ勤務時代に来店客の社長たちにノウハウを取材

キャリアチェンジを繰り返しても、たえず活躍しつづける人がいる。ポータブルスキルを持っているのだ。ポータブルスキルとは、業種・職種の境界線を越え、どんな業種・職種でも成果を出せる持ち運び可能な汎用性の高いスキルを意味する。ヨガスタジオなどを31店舗展開するライフクリエイト社長・前川彩香氏も、そのひとりである。

前川氏にプロフィールを尋ねると「独立するまできちんとしたキャリアを積んでいないのです」と答えてきた。アルバイトを転々としていたのだろうか?――いや、そうではなく、いかにも濃密な日々を送っていた。

前川氏は1978年北海道生まれ。若くして札幌市すすき野の高級クラブで働き、22歳でママのポストに就く。この間、銀座のクラブからも高額な条件でスカウトがかかるほど、綺羅星のように輝いていた。おのずと集客力やリーダーシップ、ホスピタリティー、資金繰りなど起業に必要なスキルは身についたが、前川氏はさらに踏み込んで、接客業務をビジネススクールとしても活用しつづけた。

「お客様には、北海道経済をリードする財界人から、新興企業の社長、事業を成功させたビジネスマンまでさまざまなタイプがいらっしゃいました。私はタイプ別にお客様を分類して、それぞれのタイプに適応した会話の仕方などを考えて実践していました。さらに20歳の頃には独立を考えるようになったので、接客しながら、お客様から企業経営についてヒヤリングしていたのです」(前川氏)
多業種に関わる“生きた経営学”を連夜にわたって学び、いわば実践と座学でポータブルスキルを身につけたのである。

北海道初のホットヨガスタジオでヒット社員教育が不十分なまま出店して撤退

起業したのは2006年7月、28歳のときだった。ある企業に北海道発のホットヨガスタジオの事業企画を持ち込んで、札幌市に「BELBE」オープンさせた。利用まで2週間待ちが発生し、電車で1時間をかけて通う客も現われるほど大ヒットした。早くも半年後には市内の中心街に2号店を出店したが、躓いてしまう。

社員教育が不十分なまま前川氏が2号店にかかりきりになったため、1号店で退職者が相次ぎ、残った社員も「死んだ魚のような目になって、意欲が低下していました」(前川氏)。業績にも反映し、半年も経たないうちに2店とも赤字に陥ってしまった。

社員が生き生きと働いていなければ店舗運営は成り立たない。そう判断した前川氏は、賃貸契約期間の途中だったが、違約金を覚悟して1店舗を閉め、社員教育に重点を置く方針を固めた。慧眼である。この判断は奏功し、成長を導く原動力になった。

06年にはライフクリエイトを設立して、ホットヨガスタジオ「Loive」(ロイブ)を立ち上げ、スキル教育や階層別教育だけでなくマインド教育に力を入れはじめる。ミッションに定めた「女性のココロとカラダに向きあう事業を通して、ふつうに感じていた人生がスペシャルな人生だと感じられる機会を提供する」の浸透や、自分の人生を豊かにする思考法などを教えるのだが、基本的に社外研修は行なわない。独自に作成したプログラムによって、前川氏がメインに講師を務めつづけてきた。

インタビュアー

経済ジャーナリスト

小野 貴史

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy