• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

特集 IPO情報

26

2017年1月のIPO・株式上場まとめ

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 2
  • feedy

2017年1月のIPO・株式上場した企業について振り返ります。
2017年1月にIPOを果たしたのは株式会社シャノン1社となりました。

株式会社シャノンのIPO概要

上場日:1月27日
会社名:株式会社シャノン
事業内容:マーケティングクラウドサービスの企画・開発・販売
市場:東証マザーズ市場
主幹事:東洋証券
公募価格:1,500円(時価総額2,035百万円)
資金調達額225百万円(公募のみで売出無し)
初値:6,310円(公募価格に対する騰落率320.6%)
初値時価総額:8,559百万円

上位株主
・中村健一郎(社長)26.97%
・永島毅一郎(副社長)12.68%
・JSPF3号投資事業有限責任組合12.08%
・株式会社サンブリッジコーポレーション4.83%
・MICイノベーション3号投資事業有限責任組合4.75%

業績
2013/5期 売上高955百万円 経常利益2百万円 当期純利益2百万円
2014/10期 売上高1,814百万円 経常利益▲56百万円 当期純利益▲65百万円
2015/10期 売上高1,411百万円 経常利益30百万円 当期純利益24百万円
2016/10期 売上高1,534百万円 経常利益42百万円 当期純利益36百万円
2017/10期(予想) 売上高1,789百万円 経常利益98百万円 当期純利益66百万円
※ 2013/5期は単体決算、2014/10期以降は連結決算

事業内容

2017年1月唯一のIPOとなったのはシャノン。事業内容は、マーケティングクラウドサービスの企画・開発・販売・導入、となっています。
もう少し具体的に事業内容を説明すれば、同社はリアル及びWebマーケティングを統合的に行うためのソフトウェアの開発・販売・導入を行っています。元々同社は、セミナー来客者を有効活用するためのマーケティングソフトを開発しており、同ソフトをWeb集客等にも発展させる形で、現在の統合型マーケティングソフトの開発を行っている。
単に開発するのみならず、自社での販売も手掛けることで、ワンストップで顧客に自社サービスの提供を行っている。

業績について

2015年10月期の売上14億円、経常利益0.3億円の決算で上場申請。尚、期越え上場となっており、2016年10月期は売上高15億円、経常利益0.4億円と前期比でほぼ横ばい。
2017年10月期の予想決算において、売上・利益ともに上昇基調となるが、経常利益は1億円未満の予想であり、堅実な成長となっている。

株主について

同社はVC株主が多数存在。上位5位の株主においても、3社が名前を連ねているが合計では7社、シェアとしては30.92%がVC保有株となっている。
尚、主要VCはロックアップ契約(株価1.5倍もしくは90日間)を締結している。

IPOの結果

主幹事は東洋証券。
経常利益1億円未満であり、公募価格も低めに抑えられ、時価総額は公募時の時価総額は20億円。
初値は6,310円となり公募価格1,500円に対して、騰落率320.6%のIPOとなっている。

2017年1月IPO・株式上場のまとめ

昨年2016年は1月のIPO銘柄はゼロ。2017年1月の唯一の上場銘柄となったシャノンは初値の公募価格に対する騰落率330.6%となり、IPOは成功裏に終わっている。2017年幸先よいスタートを切ったIPO市場ですが、既に2月は5社のIPOが予定されており(2016年2月は1社のみ)、2017年のIPO市場は昨年以上の活況を呈す可能性を有しています。

1月は1社のみのIPOであり、今後のIPO市場の傾向をつかむにはサンプルデータ不足と言えますが、2月に5社のIPOが控えており、1~2月の数字である程度2017年のIPO市場の傾向が把握できる可能性があります。2月のIPO市場の動向は1月以上に注目すべきと考えます。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 2
  • feedy
recruitment-article