• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

特集 IPO情報

22

2017年3月第2週のIPO・株式上場まとめ:株式会社ピーバンドットコム

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy
2017年3月第3週IPO

2017年3月第2週にIPO・株式上場した、株式会社ピーバンドットコムについて振り返ります。

株式会社ピーバンドットコムのIPO概要

上場日:3月9日
会社名:株式会社ピーバンドットコム(コード3559)
事業内容:プリント基板のEコマースサイト運営
市場:東証マザーズ市場
主幹事:SBI証券
公募価格:1,650円(時価総額3,614百万円)
資金調達額:247百万円
初値:3,530円(時価総額7,731百万円)
公募価格に対する初値騰落率:213%

上位株主
・ 田中一宏 43.72%
・ インフロー(役員の資産管理会社) 33.21%
・ 田坂正樹(社長) 20.51%
・ 後藤康進(取締役) 0.85%
・ 上田直也(取締役) 0.21%

業績の推移
【2014/3期】 売上高1,515百万円、経常利益84百万円、当期純利益51百万円
【2015/3期】 売上高1,684百万円、経常利益70百万円、当期純利益48百万円
【2016/3期】 売上高1,717百万円、経常利益67百万円、当期純利益61百万円
【2017/3期(予想)】売上高1,817百万円、経常利益212百万円、当期純利益136百万円

事業内容

・同社はプリント基板のEコマースサイト「P板.com(ピーバンドットコム)」を運営。累計取引者数は18,000社を超えるサイトとなっている。

・従来、人手を介しやり取りしていたプリント基板の設計を、Web上で完結可能とすることで少量・短納期の注文においても対応可能としている。主なユーザーは中小企業等となっているが、徐々に大企業での利用も広がりつつある。

業績について

・公開申請決算期の2016/3期は売上高1,717百万円、経常利益67百万円。2014/3期以降増収を果たしているものの、経常利益は2014/3期以降若干減少しており、当期純利益の水準はほぼ横ばいとなっている。

・しかしながら上場翌期の2017/3期は売上高1,817百万円、経常利益212百万円と増収そして大幅な増益を見込んでいる。

株主について

・社長他の個人株主中心の安定的な株主構成となっている。

・VCの株主参入は無い。

IPOの結果

・主幹事はSBI証券。

・公募価格1,650円。17/3期予想EPS(1株当たり当期純利益)66.6円であり予想PER24.7倍での価格設定となっている。

・上場初値は3,530円。公募価格に対する初音騰落率は213%となり、公募価格に対して2倍以上の初値を付けることになった。

株式会社ピーバンドットコムのIPOまとめ

・着実な成長を遂げている中堅企業のIPO。公開申請決算期(2016/3期)ベースでは経常利益1億円未満であるが、公開申請翌期(2017/3期)に大幅な増益を見込んだ上でのIPOとなっている。

・大幅な増益計画への評価もあり、公募価格に対する初値騰落率213%となり、2倍以上の初値が付いている。

・2017年はピーバンドットコムまでに累計8社がIPO、その中でピーバンドットコムを含む4社が初値騰落率200%を越えており、現在のところ2社に1社は公募価格に対し初値が2倍以上となっている。

・上場市場は活発さを欠く反面、IPO投資という観点では非常に恵まれている状況が続いており、今後の本状況の継続性が注目されます。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy
recruitment-article