• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

特集 IPO情報

8

2017年3月第5週のIPO・株式上場まとめ:株式会社ズーム

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy
2017年2月第4週IPO

2017年3月第5週にIPO・株式上場した、株式会社ズームについて振り返ります。

株式会社ズームのIPO概要

上場日:3月28日
会社名:株式会社ズーム(コード6694)
事業内容:音楽用電子機器の開発及び販売
市場:ジャスダック市場
主幹事:野村証券
公募価格:1,520円(時価総額3,356百万円)
資金調達額:319百万円
初値:2,278円(時価総額5,030百万円)
公募価格に対する初値当落率:50%

上位株主
・飯島雅弘 27.51%
・莅戸道人 27.51%
・ズーム社員持株会 7.29%
・Sound Service Musikanlagen-Vertriebsgesellschaft mbH 6.88%
・松尾泉 5.78%

業績
【2013/12期】 売上高4,512百万円、経常利益865百万円、当期純利益725百万円
【2014/12期】 売上高5,216百万円、経常利益449百万円、当期純利益418百万円
【2015/12期】 売上高5,950百万円、経常利益447百万円、当期純利益403百万円
【2016/12期】 売上高5,969百万円、経常利益204百万円、当期純利益179百万円
【2017/12期(予想)】 売上高6,019百万円、経常利益299百万円、当期純利益238百万円
※2013/12期は単体決算

事業内容

・同社は音楽用電子機器の開発及び販売を行っている。具体的には、ハンディオーディオレコーダー(HAR)、マルチエフェクター(MFX)、ハンディビデオレコーター(HVR)、マルチトラックレコーダー(MTR)等の開発販売を行っている。音楽業界のプロ向けの電子機器の開発が大半を占めており、業界内では著名な会社。

・2015/12期の売上高5,950百万円の内、ハンディオーディオレコーダーの売上高が3,639百万円(61.2%)、マルチエフェクター849百万円(14.3%)となっており、同社の売上の半数がハンディオーディオレコーダーから計上されている。

業績について

・同社は12月決算会社だが3月の上場であり、期越え上場の会社となっている。

・公開申請決算期の2015/12期は売上高5,950百万円、経常利益447百万円だが、申請翌期の2016/12期は売上高5,969百万円、経常利益204百万円となっており、売上高は横ばいだが、減益決算でのIPOとなっている。

・2017/12期の予想決算は売上高6,019百万円、経常利益299百万円であり、2016/12期比では増益の計画となっている。

 株主について

・個人株主中心の株主構成であるが、取引先やVC(みずほ成長支援企業投資事業有限責任組合:シェア2.75%)も株を保有している。

・ただしVC株主は上記みずほ系のファンドのみであり、安定的な株主構成となっている。

IPOの結果

・主幹事は野村証券。

・公募価格1,520円。2016/12期EPS(1株当たり当期純利益)89.7円、2017/12期予想EPS110.6円であり、公募価格のPERは13.7~16.9倍。

・上場初値は2,278円。公募価格に対する初値騰落率は50%となっている。

株式会社ズームのIPOまとめ

・主にプロ及びセミプロ向けの音楽用電子機器の開発及び販売を行っている会社のIPO。売上の約半数をハンディオーディオレコーダーが占めている状況。

・期越え決算でのIPOではあるものの、公開申請決算期の2015/12期が経常利益447百万円の中、2016/12期の経常利益204百万円と減益の中でのIPO。しかしながら2017/12期は増益計画となっている。

・音楽業界内での著名企業と言うこともあり、公募価格1,520円に対し初値2,278円、騰落率50%と順調なIPOとなった。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy