• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

特集 IPO情報

7

2017年4月第3週のIPO・株式上場まとめ:ウェーブロックHD株式会社

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

2017年4月第3週のIPO・株式上場まとめ:ウェーブロックHD株式会社について振り返ります。

ウェーブロックHD株式会社のIPO概要

上場日:4月10日
会社名:ウェーブロックホールディングス株式会社(コード7940)
事業内容:各種合成樹脂製品の製造・加工・販売等
市場:東京証券取引所市場第2部
主幹事:みずほ証券
公募価格:750円(時価総額8,340百万円)
資金調達額:0百万円
初値:721円(時価総額8,018百万円)
公募価格に対する初値当落率:▲3.8%

上位株主
・エムシーピースリー投資事業有限責任組合 49.16%
・サンゲツ 20.08%
・ウェーブロックHD(自己株式) 11.19%
・ENTIRE HOLDING GROUP LTD. 7.12%%
・木根渕純 4.17%

業績
【2014/3期】 売上高25,787百万円、経常利益721百万円、当期純利益118百万円
【2015/3期】 売上高24,656百万円、経常利益1,339百万円、当期純利益1,031百万円
【2016/3期】 売上高25,055百万円、経常利益904百万円、当期純利益365百万円
【2017/3期(予想)】 売上高26,400百万円、経常利益1,500百万円、当期純利益950百万円

事業内容

・同社は各種合成樹脂製品の製造・加工・販売等を行っている。
・事業は主に、①インテリア事業、②編織事業、③産業資材・包材事業から構成。
・①インテリア事業は壁紙製品の製造販売、②編織事業は住宅用防虫網、農業用資材網、建設仮設資材の製造販売、③業資材・包材事業は各種プラスチックシートを建設仮設資材、業務用衣料、農業資材等の用途に向けて製造販売している。
・尚、同社はみずほキャピタルパートナーズの支援を受け2011年7月にTOB(公開買付け)により東京証券取引所市場第2部からの上場廃止を行っており、今回は再上場となっている。

業績について

・増収と減益を交互に繰り返しており、公開申請期の2016/3期は減益決算となっている。しかしながら上場翌期の2017/3期は増益決算を見込んでいる。
・3月決算の会社ながら4月のIPOであり、期越え決算でのIPOとなっている。
・事業別売上は2016/3期は①インテリア事業6,945百万円、②編織事業8,175百万円、③産業資材・包材事業8,698百万円となっており、それぞれが同等に近い売上を計上している。

株主について

・みずほ銀行系の投資ファンドであるエムシーピースリー投資事業有限責任組合が株主シェア49.16%(6,048,531株)を保有の筆頭株主となっている。
・同ファンドは売出で5,266,500株を拠出、IPO後の持ち株比率は6.3%となる。
・ファンド支援を受けて非上場化を行った企業の再上場案件であり、ファンドの持ち株比率が多くなっている。

IPOの結果

・主幹事はみずほ証券。
・公募価格750円で、2017/3期予想EPS(1株当たり当期純利益)91.0円であり、公募価格の予想PERは8.2倍。
・上場初値は721円。予想PERは7.9倍。公募価格に対する初値騰落率▲3.8%となり、公募価格を割れる初値となった。
・尚、IPOに際し公募は行わず売出のみを行っている。

ウェーブロックHD株式会社のまとめ

・ファンド支援による非上場会社の再IPO案件。2011年7月に上場廃止となっており、約8年ぶりの上場となる。
・ファンド傘下企業のIPO案件の公募割れが相次いでいるが(マクロミル、スシローGHD)、同社も公募価格に対する初値騰落率▲3.8%となり公募割れとなっている。
・ファンドの出資比率約50%であり、他の公募価格割れ案件に比べるとファンドの出資比率は低めであったが、ファンド傘下企業の公募割れが継続することとなっている。

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy