• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

特集 IPO情報

23

2017年第1四半期のIPO公募価格に対する初値騰落(上昇)率ベスト5 1位の騰落率なんと◯◯◯%

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

2017年1QのIPO銘柄の公募価格に対する初値騰落(上昇)率ベスト5は下記となります。

公募価格に対する初値騰落(上昇)率ベスト5

2017年1QのIPO銘柄の公募価格に対する初値騰落(上昇)率ベスト5は下記となります。

1位 ユーザーローカル<3984>(騰落率325%)

2位 シャノン<3976>(騰落率321%)

3位 インターネットインフィニティー<6545>(騰落率282%)

4位 力の源HD<3561>(騰落率272%)

5位 ファイズ<9325>(騰落率221%)

上昇率ベスト5はいずれも騰落率200%超となり、公募価格に対して3倍以上の初値が付いています。1位、2位に至っては300%超であり、公募価格比で4倍以上の初値となっています。

昨年2016年1Qは下記となっていました。

1位 はてな<3930>(騰落率278%)

2位 チエル<3933>(騰落率166%)

2位 バリューゴルフ<3931>(騰落率151%)

4位 アグレ都市デザイン<3467>(騰落率103%)

5位 LITALICO<6187>(騰落率88%)

昨年のランキングと比べると、2017年1Qの騰落率の高さは一目瞭然となります。2017年1QのIPO市場の活況は、各銘柄の騰落率からも理解することができます。

公募割れ銘柄2社、いずれもファンド傘下企業のIPO

2017年1QにIPOの銘柄で上場初値が公募価格を下回ったのは、マクロミル<3978>▲4%、スシローグローバルHD<3563>▲5%の2銘柄。2銘柄ともファンド傘下企業のIPO銘柄となっています。逆に言えば、通常のIPO銘柄での公募割れは発生していません。

一方で昨年2016年は1Qの時点で6社の公募割れが発生。スマホ向けゲーム開発のアカツキ<3932>▲8%、バイオ系企業のフェニックスバイオ<6190>▲2%他、幅広い銘柄で公募割れが発生しました。

2017年1Qは前年同期比でIPO社数も増加しており、また公募割れ銘柄の発生も少なくなっていることからも、IPO市場は非常に環境が良かったと言うことができます。

2017年第1四半期のIPOまとめ

2017年は上場株式市場が低迷の一方でIPO市場は活況を呈している、と言われることが多くありました。上記では騰落率、公募割れ銘柄数を昨年の2016年1Qと比較しましたが、昨年と比較をすれば2017年1Qはいずれも昨年以上の数字を残しており、2017年のIPO市場の活況は数字から見て明らかと言えます。

3月決算期の会社が多い日本では、株主総会前の4~5月は例年IPO社数が減少する傾向にあるため(GWも存在する5月が特に少ない)、今年もIPO市場の本格再開は6月からと予想されます。活況を呈した2017年1QのIPO市場ですが、本傾向は2Qにも引き継がれることになるのか、今後のIPO市場の動向にも注目したいと思います。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article