• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

特集 IPO情報

20

2017年第1四半期のIPO 証券会社の主幹事件数、〇〇証券が11社と他社を圧倒

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

2017年第1四半期のIPO 証券会社の主幹事件数、〇〇証券が11社と他社を圧倒

証券会社の主幹事件数、野村証券が11社と他社を圧倒

2017年1Qの証券会社別主幹事件数は下記となります。

1位 野村証券 11社

2位 大和証券 5社

3位 みずほ証券 3社

3位 SBI証券 3社

5位 SMBC日興証券 2社

6位 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、岡三証券、東海東京証券、東洋証券 各1社

※マクロミル<3978>は三菱UFJモルガン・スタンレー証券と大和証券の共同主幹事案件であり、IPO社数は27であるが合計主幹事数は28となっている

主幹事件数は野村証券が11社と1位。2位の大和証券5社をダブルスコア以上で突き放しており、野村証券の強さが光ります。野村証券は27社のIPO社数の内の11社で主幹事を務めており、その占有率は約4割で、IPO市場での野村証券の存在感の高さが際立つ結果となりました。

2015年1Qの証券会社別主幹事件数のベスト3

1位 野村証券 5社

2位 大和証券 5社

3位 みずほ証券 5社

証券会社3社が主幹事数5社で並んでいます。昨年と今年を比較すると、大手証券会社の野村証券及び大和証券はIPO市場において安定的な存在感を発揮しています。

 

17年第1四半期のIPOまとめ

2017年は上場株式市場が低迷の一方でIPO市場は活況を呈している、と言われることが多くありました。上記では主幹事件数を昨年の2016年1Qと比較しましたが、昨年と比較をすれば2017年1Qはいずれも昨年以上の数字を残しており、2017年のIPO市場の活況は数字から見て明らかと言えます。

3月決算期の会社が多い日本では、株主総会前の4~5月は例年IPO社数が減少する傾向にあるため(GWも存在する5月が特に少ない)、今年もIPO市場の本格再開は6月からと予想されます。活況を呈した2017年1QのIPO市場ですが、本傾向は2Qにも引き継がれることになるのか、今後のIPO市場の動向にも注目したいと思います。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article