資本・業務提携 美容・健康

12

“TMT x Healthcare”分野のスタートアップ・HealtheeOne、福島県いわき市にて設立し、シードラウンドで総額0.8億円を調達

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

“TMT x Healthcare”分野のスタートアップ・HealtheeOneが福島県いわき市にて設立し、シードラウンドで総額0.8億円を調達したと発表した。

株式会社HealtheeOne(代表取締役社長CEO:小柳 正和)はTMT(Technology, Media & Telecommunications)とHealthcareの融合サービスを国内・海外で提供することを目的としたスタートアップとして、福島県いわき市で創業・設立された。

また行政支援としていわき市が中心となって開設したいわき産業創造館内施設への同社の入居が開始したことに加え、シードラウンドとして事業パートナーやベンチャーキャピタル等に対する第三者割当増資、及び株式会社日本政策金融公庫(東京都千代田区、代表取締役総裁:細川 興一)による資本性ローン*1によって総額0.8億円の資金調達を完了したと発表した。

現在は、年内に発表予定の「医療機関向け業務支援サービス」を国内外20名ほどのチームメンバーによって開発している。この資金調達によって、HealtheeOneは開発チームの強化や営業・サポート体制の確立を加速させていく。

*1資本性ローン:
日本政策金融公庫が提供する「挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)」は劣後ローンの一種で、創業・新事業展開・海外展開・事業再生等に取り組む事業者の財務体質強化を図るための融資制度です。融資後1年ごとに、直近決算の業績(売上高減価償却前経常利益率)に応じて、貸付期間ごとに3区分の利率が適用されます。 資本性ローンによる債務は、金融検査上自己資本とみなすことができます。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/57.htm

■シードラウンドの資金調達について
今回の資金調達では、事業パートナーとして一般社団法人MAKOTO(仙台市)、株式会社東日本計算センター(福島県いわき市)、及び磐城国地域振興ファンド (福島県いわき市)が資本参加。また日本政策金融公庫が資本性ローンの提供を行っている。

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy