• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携 インバウンド

17

訪日外国人行動解析サービスinbound insightを運営するナイトレイがシリーズAの第三者割当増資により総額1.3億円の資金調達を実施

  • 2
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

訪日外国人行動解析サービス「inbound insight(インバウンドインサイト)」等を運営する株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川豊)は、ニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬英二)・SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋達史)・株式会社レジェンド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:石川智明)を引受先とした第三者割当増資を実施し、総額1.3億円の資金調達を実施したことを発表した。

【概要と目的】

訪日外国人旅行者の行動解析ツールである「inbound insight」はサービス開始から1年半で4,300社を超える企業や自治体が利用をしており際立った成長を遂げている。
同社は、日本政府の目標である2020年の訪日外国人入国者数4,000万人・旅行消費総額8.8兆円、更にその先の2030年6,000万人・15兆円に向けて同社は、「自社で訪日外国人対策を推進する企業(小売業、メーカー、自治体等)」や「インバウンド対策ソリューション提供企業(広告、決済、リサーチ等)」向けのサービス提供や解析データ提供を中心に、新機能の開発・サービス改善、人員増強を行なっていく方針をとる。
また、inbound insight事業と並行展開してるロケーションインテリジェンス事業(B2B)・アプリ事業(B2C)も含めた3つの事業で事業拡大を目指していく。

  • 2
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy