• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携 IT アジア

11

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス、中国で「WeChat」(微信)対応のプリペイドサービスをリリース

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 池田 昌史)は、店舗独自電子マネー発行システムを手掛ける株式会社バリューデザイン(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 尾上 徹)と協業し、メッセージングアプリ「WeChat」と連携したモバイルプリペイドカードのサービスを開発した事を発表した。
本サービスは上海JR九州フードサービス(本社:中国上海市)が上海市内に展開する「赤坂うまや」に提供を開始している。

中国版 LINE とも言われ、登録アカウント数が 11 億人を超えるスマートフォンメッセージングアプリ「WeChat」は、既に日常的な決済ツールとしても浸透しており、今後の事業拡大に向けて上海を中心に中国でのプリペイドサービス事業を展開するバリューデザインの「バリューカード ASPサービス」と「WeChat」の連携を実現すべく、サービス開発を進めてきた。

「WeChat」(微信)プラットフォームソリューションは、「WeChat」上でモバイルプリペイドカードを発行できる他、すでに店舗で配布されているプラスチックカードをモバイル化することが可能となる。
また、プリペイドカード機能に加え、ポイント機能の提供や「WeChat Payment(微信支付)」などを利用したオンラインチャージも行うこともできる。

導入企業は「WeChat」の公衆号*を利用し、ユーザーに情報を配信することやクーポンの配布などを行うことができ、さらに「WeChat」上に EC(オンラインショップ)を開設できることから、総合的なO2Oプラットフォームとして活用することができる。
「赤坂うまや」ではこれら機能を活用し、スマートフォンでのバーチャルカード利用の他、来店ポイントや、「WeChat」の会員情報と連携した誕生日などのクーポンを顧客へ提供することで、顧客とのコミュニケーションの活性化、およびそれによる来店頻度の向上などを図るためのサービスが展開される。

*公衆号:「WeChat」で企業やメディアが情報発信などに使用できる公式アカウント

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy