• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携 VR

7

エイチ・アイ・エス傘下のハウステンボスに、クリーク・アンド・リバーがオリジナルのVRコンテンツおよびVR端末を提供

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社クリーク・アンド・リバー( 本社東京都:千代田 代表取締役社長:井川 幸広)は、3月4日(土)にプレオープンする株式会社ハウステンボス(所在地(本店):長崎県佐世保市 代表取締役社長:澤田 秀雄)が運営するハウステンボスの新VRアトラクション施設に、同社が企画・制作したオリジナルのVRコンテンツ提供を行う事を発表した。
さらに、同社子会社の株式会社VR Japan(ブイアール ジャパン)及び、同社が取り扱うスタンドアロン型(一体型)のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD) 「IDEALENS K2 (アイデアレンズ ケーツー)」の提供も行う。

同社保有のゲームエンジンで開発したVRコンテンツは、 恋愛シミュレーションVR「迫りくる愛のささやき」、4人同時対戦のブロック崩しVRゲーム「ブロックブレイカー」、心霊ホラー体験「VR心霊百物語」の3種類。
VRの特徴を活かし日常生活ではなかなかできない体験を、360°の迫力ある映像と音声で楽しめる内容となっており、今回ハウステンボスの新VRアトラクションに初めて提供すつこととなる。
なお、これらの3つのアトラクションには「IDEALENS K2」が使用されることが決定している。

また、VRで世界旅行体験する「DRAGON WORLD TOUR(ドラゴン ワールド ツアー)」 のアトラクションでも「IDEALENS K2」が使用される。
「IDEALENS K2」は、ピント調整不要で着脱が容易にできて装着感も軽いため、若年層から高齢の方まで簡単に使える、アトラクションに最適なHMDとなる。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article