資本・業務提携 VR インバウンド

13

リアルエステートジャパンとジープラスメディア、ミサワホームと業務提携し外国人向けVR内見サービス開始

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社フジ・メディア・ホールディングス傘下の株式会社リアルエステートジャパン(東京都港区、代表取締役社長:時澤正)と株式会社ジープラスメディア(東京都港区、代表取締役社長:時澤正)は、ミサワホーム不動産株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:岡村康晴)と業務提携致した事を発表した。

リアルエステートジャパンは、国内最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を運営し、国内不動産企業による外国人入居者・投資家の集客をしており、今回の提携によりミサワホーム不動産が管理する関東圏の賃貸物件情報が追加され、訪日・在留外国人に提供できる情報がさらに充実することになる。また、ミサワホーム不動産はVR (Virtual reality:仮想現実)と3D映像(Three dimensions:3次元映像)での内見が可能な賃貸物件を保有しており、特に訪日外国人にとっては海外にいながら日本の物件の様子を詳細に見ることができ現地での内見が不要となるなどメリットが大きく、外国人成約率の向上が見込まれる。

この度の業務提携で、まずリアルエステートジャパンは、ミサワホーム不動産が持つ物件情報を「realestate.co.jp」を通じて外国人の入居希望者に提供するとともに、新たな空室改善の提案をミサワホーム不動産に対して行っていく。

一方ジープラス社は、ミサワホーム不動産から住戸を賃借し、転貸主として外国人入居者へのサービス提供・管理を行うこととなる。ジープラス社が借主としてミサワホーム不動産と賃貸借契約を締結することにより、ミサワホーム不動産は家賃滞納などのリスクを回避することができ、さらに入居を希望する外国人に対しては、ジープラス社のマルチリンガルスタッフが入居から電気、ガス、水道といった各種ライフラインの利用手続きまでをサポートするほか、初期費用や毎月の家賃をクレジットカードで決済できるようにするなど総合的なハウジングサービスを提供し、外国人の視点に立って利便性の向上とサービスの充実を図ることで入居率の向上を目指していく。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy