資本・業務提携 新素材

14

LIMEXを開発・製造・販売のTBM が、日揮、サウジアラビア国家産業クラスター開発計画庁と基本合意締結

  • 0
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず、紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」を開発・製造・販売する株式会社TBM(本社:東京都中央区、代表取締役:山﨑敦義)は、日揮株式会社(横浜本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:川名浩一)、サウジアラビア国家産業クラスター開発計画庁(NICDP)とサウジアラビアにおけるLIMEXの事業展開の可能性を検討するための基本合意を締結した事を発表した。

TBMは国内においては2015 年2 月に経産省の助成金を受け第一工場を立ち上げ一部製品の販売を開始するとともに、次の量産工場の基本計画を日揮とともに進めており、並行して2016年7月にはシリコンバレーにアメリカ法人を設立し海外でのマーケティングを行い、グローバル展開の準備を進めていた。
また、NICDPはサウジアラビアの閣僚承認により設置されたプログラムで、同国の産業の成長と多様化を推進すべく、サウジアラビア国内の産業とグローバル製造業のパートナーのパートナーシップを支援している。

従前よりTBMではLIMEXのグローバルでの工場・技術輸出を見据えて活動していたが、この度、LIMEXの水を使わず紙やプラスチックに代わる製品を製造できる技術(世界43カ国に特許出願中。うち6カ国にて登録査定済み)が、サウジアラビアにおいて水資源の課題や石油産業以外での雇用創出に貢献する可能性があり、かつサウジアラビアの2030年までの経済改革計画「サウジビアラビア・ビジョン2030」にも沿った事業である点がNICDP から高く評価され、その可能性をより具体化すべく、今後TBMとNICDPに、中東含む海外でのプラント建設ならびに事業に豊富な経験を持つ日揮を含めた3社で、LIMEX のサウジアラビアでの事業展開に関するフィージビリティスタディを行っていくこととなる。

■ 概要

TBM、日揮、およびサウジアラビアのNICDPは、今後LIMEXのサウジアラビアでの事業展開に向けてローカルパートナーの特定、工場進出のロケーションや関連する法規制などを検討していくため、以下の実施を通じて3社の役割や支援内容を協議していく。

・LIMEX に関する前提情報の収集(紙、プラスチックの用途、国内生産および輸入量、その他需要に関する情報)
・サウジアラビアでのLIMEX 事業展開に関するフィージビリティスタディのスコープと進め方の協議
・サウジアラビアにおけるLIMEX 事業推進に関するパートナーの探索

■ 新素材「LIMEX(ライメック)」について

・LIMEXは石灰石を主原料に紙やプラスチックの代替となる、エコノミーかつエコロジーな革命的な新素材となり、「耐水性」が高く浴室や水回り、屋外や水中での利用が可能となり、経年劣化に強く半永久的にリサイクル可能。
・従来のプラスチックの原料は石油由来樹脂100%であるが、LIMEX では主原料が石灰石であり、石油由来樹脂の使用量を大きく削減可能。
・日本でも100%自給自足できる資源。世界各地の埋蔵量も豊富で、ほぼ無尽蔵。
・LIMEX の印刷物等のリサイクル材から、LIMEX 製のプラスチック成型品を作れ、環境負荷軽減に貢献できる。

  • 0
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy