• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

25

フロムスクラッチ、総額約32億円の資金調達を実施

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy

マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を行う株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区 代表取締役:安部泰洋)は、株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:勝又幹英)、Rakuten Ventures Japan fund(本社:シンガポール インベストマネージャー:都虎吉)、既存株主などを割当先とする第三者割当増資等により、総額約32億円の資金調達を完了したことを発表した。

同社はこれまでに、北米を主な活動拠点とするDraper Nexus Venture Partnersをはじめ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズや電通デジタル・ホールディングス、グローバルブレイン、日本ベンチャーキャピタルらから約13億円の資金調達を実施しており、「b→dash」をリリースした2014年10月以降の累計調達総額は約45億円になった。
今回の資金調達により、機械学習をはじめとした人工知能技術、データ統合基盤、そしてデータ高速処理技術の開発強化を行い、「b→dash」の更なる開発強化を進めていく。

昨今、企業のビジネス、そしてマーケティング活動を取り巻くテクノロジー環境が急速に発展し、あらゆるものがデジタル化・データ化されるようになり、AI、IoTが実装される第四次産業革命に向けては、データの取得・統合・活用やその関連技術の開発が、企業、そして国家の競争力の源泉であり、その重要性がますます高まっている。
その結果、企業は過去想像し得なかったビッグデータの取得・統合・活用の対応に追われており、マーケティング活動に課題を抱えている企業が多く、この流れは今後も加速していくと予想されている。

そのような市場環境を踏まえ、既に国内有数のビッグデータを取得・統合・活用するマーケティングプラットフォームである「b→dash」は、強みでもある「データ統合基盤の開発強化」と「データの高速処理エンジンの開発強化」を加速させ、企業が直面するデータ課題の解決に注力し、「b→dash」が統合・管理するビッグデータに、人工知能技術をはじめとする最先端技術を組み合わせることで、マーケティング・プロモーション領域における新たなデータソリューションの開発を、技術提携機関である研究所やパートナー企業と共同して進めていく。

株式会社フロムスクラッチ安部泰洋社長のインタビューページはこちら

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 1
  • feedy
recruitment-article