• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

3

ディップとスクーが法人向けeラーニング事業で業務提携

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:冨田英揮)は、自社で運営する総合求人情報サイト「はたらこねっと」において、学べる生放送コミュニケーションサービス 「Schoo」を運営している株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 健志郎)と、法人向け事業領域のサービスで業務提携を行ったことを発表した。

ディップ株式会社が派遣会社の派遣労働者向けに提供している「はたらこeラーニング(※1)」に、スクーがこれまで法人顧客向けに提供してきた「ビジネスプラン(※2)」を新たにラインアップし、「はたらこeラーニング」を通じて顧客の教育研修における課題解決をさらに促進させていく。本取り組みを足がかりに、多くの派遣会社が抱えている派遣労働者の「キャリア形成支援」をサポートすることで、“実用性のあるキャリア”や“新たな能力開発”を株式会社スクーと協力し、目指していく。

2015年9月の派遣法改正に伴い、派遣労働者のキャリア形成の考えにおいて、フルタイムで1年以上の雇用見込みの派遣労働者1人当たり、毎年8時間以上の教育訓練の機会を提供することが定められた。正規雇用労働者と比較し、派遣労働者の「企業現場における実習」と「教育訓練機関等における座学」を組み合わせた「実践的な職業訓練の機会」が不足しているという課題があったことから義務化された。
派遣会社では、この「キャリア形成支援の義務化」により、eラーニング等の研修プログラムを導入するなど、様々な方法でキャリア形成支援を行っているが、一方で、各人のキャリアや能力の多様化により、段階的かつ体系的な教育を行うことが難しく、時間やコストが掛かってしまうことが課題となっている。
こうした課題を踏まえ、アルバイト・派遣など、国内最大級のWEBサービスを展開しているディップ株式会社と、ビジネス・Web/ITを中心とした3,500本以上のコンテンツを提供している国内最大級のオンライン教育動画サービス「Schoo」を運営している株式会社スクーが業務提携を行うこととなった。また、顧客課題の解決に向けた提携を行い、派遣労働者の能力開発やキャリアアップ支援向けのオリジナルコンテンツの制作から提供を通じ、「労働」と「教育」をめぐる課題の抜本的解決を目指して取り組んでいく。

※1 「はたらこeラーニング」とは
社員や派遣労働者向けに段階的かつ体系的な教育研修を提供するeラーニングプラン。 eラーニング事業を展開する企業様と提携し、「はたらこねっと」をご利用のお客様を中心にサービス提供を実施。
※2 「ビジネプラン」とは
学べる生放送コミュニケーションサービス『Schoo』の法人企業向け専用プラン。主にWeb・IT企業に向けた新卒向け研修や、職種未経験者からプロフェッショナルを目指す中途社員研修、専門職種のスキルアップ研修など、“最先端かつ、実務に活かせる定額研修サービス”を2015年から展開。現在の法人導入社数は、スタートアップ企業から大手IT企業など約400社。(2017年6月末時点)

 

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article