• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

3

エスキュービズムとクララオンラインが越境ECでのインフラ、物流含めた統合サービス提供で業務提携

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長:薮崎敬祐)と株式会社クララオンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本賢太郎)は、中国での越境ECサービス提供のため業務提携したことを発表した。
今回の業務提携により、越境ECのインターフェース、アプリ(サイト)、中国での通信インフラ、物流コンサルについて、両社の持つノウハウを融合させ、越境EC関連サービスを統合的に提供することが可能となる。

両社の担当領域について

これまで、エスキュービズムはECサイト構築パッケージ「Orange EC」をベースに越境ECサイト構築支援を行ってきたが、物流・インフラの分野の課題まではカバーでしきれていなかったた一方、物流・インフラのサービスを強みとするクララオンラインでは、ECサイト構築に課題を持っており、今回Orange ECとクララオンラインの提供サービス「極速中国」が提携することによって、越境ECサイトの構築に加え、より安定した通信インフラの整備、保守を提供していく。さらに、現地物流に関するコンサルティングサービスを含めワンストップのきめ細かい支援を行っていく。

極速中国について

『極速中国(英語表記 : Express China)』は、中国向けWebサイトへのアクセス、コンテンツ配信などの速度を簡単に改善できる通信インフラソリューション。日中間通信が不安定であることが原因で、中国国内から日本のWebサイトにアクセスできない、表示速度が遅いといった課題を解決する。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy