• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

4

2017年7月第4週のIPO・株式上場まとめ:株式会社クロスフォー

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
IPO

2017年7月第4週のIPO・株式上場まとめ:株式会社クロスフォー

株式会社クロスフォーのIPO概要

上場日:2017年7月20日

会社名:株式会社クロスフォー(コード7810)
事業内容:ジュエリー・アクセサリーの開発・製造・販売
市場:東証ジャスダック市場
主幹事:みずほ証券
公募価格:730円(時価総額5,966百万円)
資金調達額:1,095百万円
初値:1,051円(公募価格に対する騰落率43.9%)
初値時価総額:8,589百万円

上位株主
・S・Hホールディングス 59.66%
・クロスフォー 5.63%
・土橋秀位 5.60%
・内藤彰彦 3.14%
・SBIインキュベーション 2.98%

業績推移
【2014/7期】 売上高2,539百万円、経常利益319百万円、当期純利益214百万円
【2015/7期】 売上高3,478百万円、経常利益1,059百万円、当期純利益398百万円
【2016/7期】 売上高4,111百万円、経常利益973百万円、当期純利益339百万円
【2017/7期(予想)】 売上高4,223百万円、経常利益722百万円、当期純利益484百万円
※15/7期より連結決算

事業内容詳細

・同社は山梨県甲府市に本社を置くジュエリー・アクセサリーの開発・製造・販売を行う企業。

・自社ブランドでのアクセサリー製造販売及び取引先ブランドのOEM生産を行っている。自社開発の宝石カット方法「クロスフォーカット」が同社の強みであり、同技術を利用して自社ブランドのアクセサリー開発及びOEM生産を行っている。

・また海外向けにもアクセサリーパーツを販売。16/7期は国内67.5%、海外32.5%の売上比率となっている。尚、海外は中国及びインド向けが大半を占める状況。

業績について

・14/7期→15/7期の業績の伸びが著しい。単体での比較でも14/7期売上高25億円、経常利益3億円から、15/7期売上高34億円、経常利益10億円となっており、大幅な増益を果たしている。

・16/7期決算を用いての上場申請であるが、7月20日の上場日であり期越え決算での上場。

・17/7期(予想)は前期比で経常利益は減益(9億円→7億円)であるが、当期純利益は増益(3億円→4億円)となっている。第3四半期の時点で売上32億円、経常利益6億円を達成しており、当期計画の達成確度は高い。

株主について

・役員の保有資産管理会社(S・Hホールディングス)及び土橋社長で6割以上の株主シェアを有しており、安定的な株主構成となっている。

・ファンドでの保有ではないものの、投資会社のSBIグループ<SBI-HD:8473>がSBIインキュベーション株式会社(株主シェア2.98%)、SBI Venture Two株式会社(同1.80%)の2名義で株式を保有している。

・SBIグループ以外の金融機関及びファンドの株式保有は無い。

IPOの結果

・主幹事はみずほ証券。

・公募価格730円で、2017年7月期予想EPS(1株当たり当期純利益)76.5円であり、予想PERは9.5倍。

・上場初値は1,051円。予想PERは13.7倍。公募価格に対する初値騰落率43.9%となり、公募価格に対し約1.4倍の初値を付けることとなった。

 株式会社クロスフォーのIPOまとめ

・山梨県に本社を置くジュエリー・アクセサリー関連企業のIPO案件。自社オリジナルの宝石加工技術を有しており、自社ブランドの展開のみならずOEM提供も行っている。また海外売上が約3割を占めており、海外展開にも積極的。

・地方企業のIPO案件であったが、初値騰落率43.9%となり、公募価格の約1.4倍の株価で初値を形成し、IPOに成功している。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article