• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

2017年10月第2週のIPO・株式上場まとめ:ウェルビー株式会社のIPO概要

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ウェルビー株式会社のIPO概要

上場日:2017年10月5日
会社名:ウェルビー株式会社(コード6556)
事業内容:就労移行支援、児童発達支援等の障害福祉サービス事業
市場:東証マザーズ市場
主幹事:みずほ証券
公募価格:2,580円(時価総額22,833百万円)
資金調達額645百万円
初値:3,305円(公募価格に対する騰落率28.1%)
初値時価総額:29,249百万円

上位株主
・太田誠(社長) 65.21%
・千賀貴生(取締役) 21.38%
・浜地裕樹(取締役) 4.28%
・伊藤浩一 4.28%
・中里英之(取締役) 1.71%

業績推移
【2015/3期】 売上高862百万円、経常利益127百万円、当期純利益91百万円
【2016/3期】 売上高1,775百万円、経常利益146百万円、当期純利益103百万円
【2017/3期】 売上高2,858百万円、経常利益537百万円、当期純利益342百万円
【2018/3期(予想)】 売上高4,139百万円、経常利益1,000百万円、当期純利益609百万円

事業内容詳細

・同社は就労移行支援、児童発達支援、放課後当デイサービス等の障害福祉サービス事業を展開している。

・障害福祉サービス事業として未就学児から成人まで隙間のない支援体制を展開しており、療育事業では未就学児向け「ハビー」、小中校生向け「ハビープラス」、就労移行支援事業では18歳以上65歳未満「ウェルビー」とのサービス名で事業を展開。

・2017年6月時点でウェルビー51拠点、ハビー10拠点、ハビープラス3拠点を中心に、全国に69拠点を有しており、成人向け就労移行支援事業の「ウェルビー」が事業の中心となっている。

業績について

・15年3月期時点で売上8.6億円、経常利益1.2億円で既に黒字化。その後、急速に事業を拡大し、17年3月期は売上高28億円、経常利益5.3億円にまで成長し、17年3月期決算での上場申請を行っている。

・18年3月期については売上高41億円、経常利益10億円との予想で、当期も大幅な増収増益を計画している。上期の時点で売上高19億円、経常利益4.2億円まで進捗しており、計画の達成に同社は自信を有している。

株主について

・太田社長が株主シェア65.21%を有する筆頭株主であり、安定的な株主構成。

・役員及び従業員株主中心の株主構成であり、目論見書上に法人株主の記載はない。

IPOの結果

・主幹事はみずほ証券。

・公募価格2,580円で、18/3期予想EPS(1株当たり当期純利益)69.8円であり、予想PER36.9倍。

・上場初値は3,305円。予想PERは47.3倍、初値騰落率28.1%となった。

ウェルビー株式会社のIPOまとめ

・障害福祉サービスを手掛ける企業のIPO案件。就労移行支援事業が事業の中心となっている。

・障害者の法定雇用率の引き上げ等を背景に、業績を急拡大させIPOに至っている。

・公募価格2,580円に対し、初値は3,305円で初値騰落率28.1%と着実なIPOを果たしている。公募時点で予想PER36.9倍であったが、上場企業では珍しい障害福祉サービス事業が評価され、初値も公募価格を上回り投資家の期待の高さが伺える結果となった。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article