• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

14

エアロセンス、自律型固定翼ドローン(VTOL)の離島間飛行実験が石垣島で成功

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒)と石垣市(市長:中山義隆)は、3月4日に石垣市において、将来的な物資輸送及び広範囲な測量や点検を想定した飛行実験を自社製の自律飛行・垂直離着陸型の固定翼ドローン(VTOL)※で実施し、成功した事を発表した。

今回のVTOL飛行実験は、竹富島の港湾から石垣島の海岸に向け、約5キロの区間で行われ、離陸から着陸まで全行程を自律飛行で行い、検証目的である長距離輸送を見据えた離島間の飛行に問題ないことが確認された。(飛行距離:5167.8m 飛行時間:210.6秒(ホバリング時間を除く) 平均速度:24.5m/秒)

現在、様々な業種・業態において回転翼ドローン(マルチコプター型)を用いたソリューション開発が進められているなか、離島間の物資輸送や広範囲な測量・点検などの領域でも、VTOLを用いた安全・安定・簡便なソリューションの実用化が期待されている。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy