• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

6

グランドデザインと北海道大学が人工知能の共同研究を開始

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

グランドデザイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小川 和也)と国立大学法人北海道大学(総長:名和 豊春)は、8月1日、北海道大学産学・地域協働推進機構に産業創出部門(人工知能活用マーケティング部門、名称:グランドデザイン・北大人工知能マーケティング活用研究所)を設置したことを発表した。
両者はイコールパートナーシップのもと、それぞれが持つ独創的な研究及び製品化技術を融合し、マーケティング活用に主眼を置いた人工知能研究及び開発を行う。

人工知能をマーケティングに活用することを共同研究の目的とし、とりわけ、様々な性質を持ち、かつ、異なる環境下にいる生活者に対し、どのような契機やインセンティブが提供されれば、消費意欲やブランド好感度が増し、積極的な購買行動に発展するかを個別判断できる人工知能について研究する。その成果をグランドデザイン株式会社が開発・運営する生活者と店舗・ブランドをつなぐプラットフォーム「Gotcha!mall」へ実装することを目指す。一例として、人工知能によるチャットボット型コンシェルジュを用意し、会話の内容をもとにユーザーの買い物体験向上につなげる機能開発を行い、「Gotcha!mall」に参画する大手小売店鋪や商品とのマッチング力を強化する。
研究期間は2017年8月1日から2019年7月31日、当研究所は北海道大学FMI国際拠点に設置する。

■「Gotcha!mall」について
「Gotcha!mall」は生活者と店舗・ブランドをつなぐプラットフォーム。スマートフォン上で生活者とコンビニエンスストア、GMS/スーパー、ドラッグストア、ファーストフードを始めとした大手小売店、ブランドをAIの力を駆使してマッチングししている。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article