• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

6

スカイディスク、NVIDIAの実施するスタートアップ支援プログラムのパートナー企業に認定

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社スカイディスク(本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO:橋本 司)は、GPU(Graphics Processing Unit、リアルタイム画像処理に特化した演算装置ないしプロセッサ)の開発・販売のNVIDIA Corporation(以下、NVIDIA)の、ディープラーニング技術を活用するスタートアップを支援する取り組みである「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定されたことを発表した。

「NVIDIA Inception Program」は、人工知能(AI)やデータサイエンスの進歩に伴い、業界に革命を起こそうとしているスタートアップ企業を養成することを目的としている。Inceptionは仮想インキュベータープログラムとして設計されており、製品開発、プロトタイピング、および導入の段階でメンバーを支援する。これには、ハードウェア付与やマーケティングサポート、ディープラーニングエキスパートとのトレーニングなどのカスタムセットが含まれている。

同社ではIoTのセンサデバイスで集めたデータを、AIで分析をするまでのワンストップサービスを提供してきたが、日本においてはまだIoTやAI開発を行うにあたってのエコシステムがないことを課題に感じていた。

今回、世界中でIoT、AI企業とのパートナーシップを持ち、国内でも60社ほど参加している「NVIDIA Inception Program」に参加することで、技術面でのサポートを得るだけでなく、共に日本や福岡でのIoT、AI業界を盛り上げていくパートナーとして、イベントの共催なども計画している。

技術面では、すでに同社ではNVIDIAのGPUをIoTデータ解析クラウドAI「SkyAI(スカイエーアイ)」に活用しており、今回の提携で更なるAI分野の強化を目指す。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article