• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

2

GMO NIKKOがディマージシェアと資本業務提携

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

GMOインターネットグループのGMOアドパートナーズ株式会社の連結会社で、総合インターネット広告代理事業を展開するGMO NIKKO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:橋口誠)は、ディマージシェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大内慎)と、本日2018年2月19日(月)に資本業務提携契約を締結した事を発表した。
今後両社は、GMO NIKKOがこれまで培ってきたセールスおよびコンサルテーションノウハウと、様々なシステム開発の実績を持つディマージシェアの技術基盤を活かし、それぞれの事業において相乗効果を生み出すとともに、AI(人工知能)を活用した新規商材の共同開発等に取り組んでいく。

【GMO NIKKOとディマージシェアの資本業務提携について】

GMO NIKKOは、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告などの運用型広告を中心としたデジタルマーケティング施策を提供する総合インターネット広告代理店。ユーザーと生活者をつなぐ最適なコミュニケーション方法を考え(コミュニケーションデザイン)、それに合ったマーケティングソリューションを幅広く展開している。

一方、ディマージシェアは、「AI×デジタルマーケティング×AD」のテクノロジーを軸に、様々な収益化ソリューションを「デジタルクラウドプラットフォーム」として展開しており、その開発で培ってきた高い技術力を誇っている。

こうした中、GMO NIKKOは、インターネット広告におけるマーケティングソリューションの提供ノウハウを活かし、ディマージシェアにおいては「デジタルクラウドプラットフォーム」を支える技術基盤を活かすことで、それぞれ異なる側面からお客様の成長に寄与するべく、2013年から協業関係にある。

昨今、インターネット広告市場においては、AIや機械学習といった最新技術の活用によるサービスの効率化・自動化が進んでおり、特にGMO NIKKOの主な商材の一つである運用型広告では、その傾向が顕著となってきている。

こうした背景からGMO NIKKOとディマージシェアは、両社が持つノウハウ・技術の相互共有および連携の強化と、新規商材の技術開発等を共同で進める目的で、資本業務提携契約を締結することとなった。
今後は、GMO NIKKOが培ってきたセールスおよびコンサルテーションノウハウと、ディマージシェアが持つ技術基盤の相互連携を強化し、双方の事業において相乗効果を生み出すとともに、広告効果測定ツールをはじめ、AIやクラウドソリューションを活用した新規商材の技術開発等を共同で進めていく。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy