• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

6

Tranzax、電子債権応用技術研究所を完全子会社化

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

金融とITを融合したFintechベンチャーであるTranzax株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小倉 隆志)は、株式会社電子債権応用技術研究所(本社:東京都江東区、代表取締役研究所長:田中丸 修一、以下「EMCAT」)の発行済株式の全部を2017年8月31日取得し、連結子会社としたことを発表した。(以下「本株式取得」といいます。)また、同日付でEMCATの新株式を引き受けて、EMCATの資本金を1,000万円に増資したことも発表した。

同社はEMCATが提供する金融機関向けの売掛債権評価モニタリングサービス(特許名「売掛債権評価システム」特許番号:特許第6103792号)と、同社グループ会社の電子債権記録機関である株式会社Densaiサービスによる売掛債権の電子記録債権化を組み合わせた新たなフィンテック・プラットフォームを開発する。

これにより、一つ一つの電子記録債権のファイナンスにとどまらず、融資先企業の事業性評価も行うことが可能となる。これまでに無い新たなフィンテック・プラットフォームによって、地域金融機関向けの新たなサービスを提供する予定である。

同社は、今後とも顧客の成長を促進するための機能をもった企業と積極的に提携していきたいと考えている。FinTechの先端企業として新たな金融サービスを実現し、守り一辺倒だった「ファイナンスを、チャンスに」変えることができる、日本の金融インフラの一翼を担っていく。

異動する子会社の概要
会社名   : 株式会社電子債権応用技術研究所
設立    : 2015年3月
資本金   : 300万円(増資後1,000万円)
代表者   : 代表取締役研究所長 田中丸 修一
事業概要  : 売掛債権評価モニタリングサービス、売掛債権による事業性評価業務指導、ABLに関する教育研修、ABLコンサルティング
所在地   : 東京都江東区青海2丁目4番32号 タイム24ビル4階

■Tranzax株式会社について
Tranzax株式会社は、日本の活力を金融面で支えることをめざし、資産(Asset)中心の守りの金融から、企業活動と商流を裏付けとする攻めの金融(トランザクション・ファイナンス)へのシフトのために、利用者の利便性が高く、革新的なサービスを提供していく。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article