• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

10

ウェルスナビ、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」が預かり資産300億円を突破

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー※「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供する、ウェルスナビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:柴山和久)は、10月4日時点で、申込件数45,000口座、預かり資産300億円を突破しましたことを発表した。

※出典:日本投資顧問業協会(契約資産状況、2017年6月末時点)。比較対象は、投資一任型のロボアドバイザーを提供する上位4社(ウェルスナビ、楽天証券、お金のデザイン、マネックス・セゾン・バンガード)。

※預かり資産残高は、入金金額の累計より出金金額の累計を差し引いた額。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、昨年7月の正式リリースから約1年で預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザーとなり、預かり資産200億円、申込件数34,000件を突破(7月25日時点)した。さらに10月4日には預かり資産300億円、申込件数45,000件に達し、特に20-50代の働く世代を中心に利用されている。

短期間のうちに預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザーとして大きな支持を得た背景には、退職金の減少や年金不安により資産運用ニーズが顕在化しつつある働く世代に、「世界水準の資産運用サービスで、働く世代が豊かを実感できる未来を築く」という同社のビジョンに共感されたことがあると考えている。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」はこのようなビジョンの下、ノーベル賞を受賞した理論などに基づき、高度な知識や手間なしに、「長期・積立・分散」による資産運用を全自動で行えるサービスである。利用者の9割を占める投資経験者を中心に、機能性、透明性、低水準でシンプルな手数料などを高く評価されている。

今年に入ってからは、強固な顧客基盤を持つパートナーを通してのサービス提供に取り組んでいる。特に、SBI証券および住信SBIネット銀行との提携は、API連携などを通じてスピーディーで利便性の高いサービス提供を実現しており、「WealthNavi(ウェルスナビ)」の急成長を牽引している。9月には、「ANAマイレージクラブ」会員向けのサービス提供も開始した。さらに、10月からは、SBI証券およびFP法人ガイアとの3社連携により、ネットとリアルを融合したサービス提供を拡大していく予定である。

5月から提供を開始した、日本初のおつりで資産運用ができるアプリ「マメタス」も段階的にサービスを拡充しており、投資の未経験者や初心者の資産運用のサポートも本格化させていく。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article