• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

4

メタップスの時間取引所「タイムバンク」がテックビューロの「COMSA」でICOの実施を検討開始

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下「メタップス」)は、時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOを検討開始したことを発表した。早ければ年内、遅くとも来年夏までの実施を協議する。

メタップスはタイムバンクのサービス開始以来、数多くの専門家がその時間を販売し、時間の価値が新たな大きなマーケットを生み出す可能性を証明してきた。今後は専門家の時間に限らず、物や施設などのあらゆる時間の価値の最大化を図っていく予定である。

一方、2017年のICOによる世界の調達額が合計2,500億円を超え、トークンによる新たな経済圏を形成している。その金額にばかり目が行くが、ICOによるアセットのトークン化はその流動コストを大幅に下げるとともに、国境を問わずその利用圏を一気に世界に拡げる可能性を持っている。

今回は、世界から既に19万人以上の登録ユーザーを有するテックビューロのCOMSAソリューションを用いて、タイムバンクにてICOを実施することによって、時間の概念をブロックチェーン技術でトークン化することにより、更なる利用マーケットの拡大と時間の流動化を目指す。

タイムバンクで取り扱う全時間の平均価格と連動したトークンや、利用実績に応じて各種の手数料の割引が受けられるトークンなど、サービスの成長と連動して利用者の利便性を向上できるような機能を想定している。

今後は、トークンの機能設計とホワイトペーパー作成を開始し、早ければ2017年内に遅くとも2018年夏を目処に具体的なICOの実施を検討する。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article