• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

飲食・農業

2

アグリホールディングスとゴハンスタンダード、業務提携しワンストップサービスを提供開始

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

アグリホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:前田一成)とゴハンスタンダード株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:齋藤 英一)は、日本の食材・農産物の海外市場獲得・輸出拡大をサポートするワンストップサービスを提供開始したことを発表した。

【現時点での連携事業規模】
展開国数: 54ヶ国
(海外)ユーザー数: 28万人
(海外)加盟・販売先店舗数: 150店舗
(国内)総利用社数: 200社
取扱品目数: 200品目
年間取扱高: 10億円(2018年3月見込)
連携先都道府県数: 13都道府県

【5年以内に達成する連携事業規模】
展開国数: 100ヶ国
(海外)ユーザー数: 100万人
(海外)加盟・販売先店舗数: 10,000店舗
(国内)総利用社数: 500社
取扱品目数: 10,000品目
年間取扱高: 100億円
連携先都道府県数: 47都道府県

今回のワンストップサービスは1カ国目シンガポールから提供を始め、JAPAN POINTの拡大とともに提供エリアを拡大していく。

アグリホールディングスについて

アグリホールディングスは2014年に設立、日本では農業(主に米の生産)、シンガポール及び米国ニューヨークでは日本米おにぎり専門店SAMURICEを運営、また、2015年には農林水産省系ファンドの出資を受け米の流通・輸出を行う六次産業化法人であるライスフロンティア株式会社を設立し、日本の農業から世界市場を獲得するグローバル・バリューチェーン構築に取り組んでおります。
生産(農業)と出口(飲食)の立場からバリューチェーンを構築してきた経験を活かし、日本の一次産業や食品生産者の海外市場開拓と早くて無駄の少ないグローバル・バリューチェーンの構築をお手伝いいたします。日本の地方・地域の重要な産業である一次産業と食を海外市場と結び、地方創生、地域活性化の一助となり、日本食・食文化の更なる普及や輸出拡大に貢献することを目指しています。

ゴハンスタンダードについて

『和食を世界の家庭料理に ~世界中の先進国の家庭において、週に一度は日本食を食べることが当たり前の時代を創る』を事業理念に日本の食品輸出拡大をITによって促進することを標榜する食品輸出ベンチャーです。政府目標である農産品の貿易輸出額1兆円を食品輸出大国イタリア並みの5兆円に引き上げるため、日本食が世界中の「家庭内で消費される」よう、日本食品の「内食消費」をインターネットの力を使って啓蒙して行くことを目指しています。また、大手メーカーのナショナルブランドとは違う日本に来ないと買えない“こだわりの地方産品・特産品”のアウトバウンドを促進することで地域経済の最大化に寄与しています。

会社名: ゴハンスタンダード株式会社
所在地: 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル
代表者: 代表取締役CEO 齋藤 英一
資本金: 3000万円(資本準備金含む)
設立日: 2015年11月6日
事業内容:
1)海外在住外国人モニター対象の越境・試食サンプリング調査【ワンバイトジャパン】の運営
2)地方産品専門の海外向けECプラットフォーム【和食エクスプローラー】の運営

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article