• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

17

エボラブルアジア、両替事業の新規開始及び子会社設立 インバウンド対応拡充

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191)は、2017年2月14日の臨時取締役会において、両替事業に新規参入することを決議した。また、参入にあたり、100%子会社として株式会社AirTrip Exchange(仮称)を設立すると発表した。

■両替事業の概要、参入の背景

(1)新規参入の背景
訪日旅行市場は、訪日外国人が2016年通年で約2400万人にのぼり、2016年7月に単月として過去最高の229万人を突破、2020年の東京五輪・パラリンピック時の年間目標として4000万人と政府が掲げているなど、急速に市場が拡大している。
一方、国内では両替を専門に行う大手業者は数少なく、両替所が少ない点が訪日旅行客からの困りごととして上位にランクインする状況がある。銀行やホテル等の行う両替は、両替レートや営業時間等において必ずしも利便性が高いとは言えないと考えており、また、諸外国と比較すると、日本は街中の両替商が少ない点が指摘されている。
このような環境下、増加を続ける訪日旅行者の外貨から円貨への両替ニーズを取り込むべく、両替事業に新規参入するとしている。

(2)事業の内容
訪日旅行客の需要が高い地域に、両替専門の実店舗にて、両替サービスを提供。
訪日旅行客の持ち込む外貨を、広く取扱いいたします。ビットコインの両替についても対応する予定。また、将来的にインターネット上での両替取扱いを行うことを検討している。

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy