• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

8

佐川急便、GINZA SIXの館内物流業務を受託

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(本社:京都府京都市 代表取締役社長:荒木秀夫)は、4月20日に開業した大規模複合施設「GINZA SIX」の物流を一元管理する館内物流業務を受託したことを発表した。

都市圏に大型複合施設が増加するにつれ、配送の効率化だけではなく、納品車両がもたらす交通渋滞や二酸化炭素(CO2)の排出など環境負荷の低減とセキュリティ対策の確立が大きな課題となっており、佐川急便が提供する館内物流サービスは、人・物・車両の情報を一元管理し、施設に出入りする全ての流れを把握することで周辺道路の環境維持に寄与。地域社会の安心・安全に貢献し、環境負荷の低減を実現している。
今回受託した内容は、荷捌場および荷捌駐車場の管理、貨物用エレベーター運行・搬出入作業・臨時入館作業の調整、入荷・出荷荷物の取次業務、物流導線・共用部保全業務となり、今回GINZA SIXの納品の一部に外部倉庫による集約を取り入れている。
これにより施設への直納車両の削減が可能となり、周辺道路の渋滞緩和や施設への流入制限によるセキュリティ向上と施設保全にも寄与している。

佐川急便はこれまで東京ミッドタウンや東京スカイツリーRをはじめとする大型複合施設の館内物流を多数請け負ってきた。
これらの実績により、今回のGINZA SIX館内物流業務の受託となり、施設の施工段階から本プロジェクトに参画し、より効率的な館内物流システムの構築に取り組んできた。
1階のツーリストサービスセンター「TERMINAL GINZA」内に宅配カウンターを設置し、通常の宅配便と合わせて手荷物の一時預かり、国際宅配便の受け付け、空港やホテルまでの当日配送等を行う。
佐川急便では国内の観光客やビジネス客、訪日外国人観光客の利便性向上を目的に「手ぶら観光」を促進しており東京駅、浅草、東京スカイツリーR、JR大阪駅、福岡空港などに宅配カウンターを設置し、「手ぶら観光」サービスの拠点を拡大している。

GINZA SIXについて

日本の良き伝統や歴史を継承しながら世界の最先端を取りこみ、商業集積地として日本のシンボルとなっている銀座に誕生し、延床面積は約148,700m2におよぶエリア最大級の大規模複合施設である。

  • -1
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article