• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

11

エボラブルアジア、海外出張手配を主力とする東京マスターズを買収、海外航空券等の取扱いを本格開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区 代表取締役社長:吉村英毅)は、ビジネストラベルマネジメント(BTM)において海外出張手配を主力とする株式会社東京マスターズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:田平隆司)の株式を100%取得し子会社化したことを発表した。

同社は、創業以来オンライン旅行事業を中心に事業展開をしており、ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業では国内の出張ニーズにお応えするサービスに強みを有しております。一方で法人クライアントや潜在顧客による海外出張手配ニーズが存在していたものの、海外航空券等の取扱いは限定的だった。
このような背景から、同社はより顧客のニーズに即した事業展開を加速させるべく、ビジネストラベルマネジメント(BTM)において海外航空券等の海外出張手配に強みを持つ東京マスターズ社の株式を100%取得した。

同社グループのビジネストラベルマネジメント(BTM)事業において、海外出張に関わる海外航空券等の手配を本格的に開始した。
同社のWeb出張予約システム(旅Pro-BTM)のシステムに、国内航空券・新幹線・宿泊・パッケージに加えて、海外航空券等が加わることで、顧客のニーズに対応していく。
同社は主に日系企業、東京マスターズ社は主に外資系企業と、それぞれ強固な顧客基盤を有しています。そのため、相互の商材を相互の顧客にクロスセルすることが可能となり、事業シナジーが生まれると考えている。

オンライン旅行事業において法人向けに展開しております「ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業」では、航空券・新幹線・宿泊・パッケージを網羅した、国内の出張ニーズにお応えするサービスを展開しており、クライアントが継続して利用することで直接・間接のコスト削減のメリットがあり、一方同社にとっては、利用することで収益が積み上がるストックビジネスモデルとなっている。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article