• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech IT

11

ブロックチェーン技術導入受託開発のテックビューロ、マネーパートナーズとシステム連携

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:朝山貴生)は4月14日、運営するビットコイン取引所「Zaif」で株式会社マネーパートナーズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:奥山泰全)の発行する「マネパカード」と連携し、 4月19日からビットコインによるチャージ機能を提供開始すると発表した。

チャージ金額は自動的に日本円に変換され、MasterCardのロゴのある店舗にて使用できるほか、マネーパートナーズで外貨に交換して世界中の店舗で買い物に使ったり、ATMから外貨として引き出したりすることが可能である。

マネパカードはマネーパートナーズが発行する、15歳から申し込みが可能なMasterCardロゴ入りの“お財布カード”。クレジットカードとは異なり、指定した通貨で指定した金額だけをチャージして、店舗やATMで利用でき、外貨に対応おり、あらかじめZaif内でマネパカードとの連携を済ませておけば、Zaifから希望金額を指定するだけで、ビットコイン残高を日本円に変換してチャージできる。
チャージ金額は、6つの通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)に交換でき、日本を含む世界210以上の国と地域にあり、MasterCardマークのある3800万以上のMasterCard加盟店で日本最安値の手数料で利用でき、日本以外の国ではMasterCardマークのある250万以上のATMにて現地通貨として現金を引き出すことも可能である。

この連携によりマネパカードを経由で、Zaifに預けているビットコインを世界中で使えるようになり、サービスについて、テックビューロ代表取締役の朝山貴生氏は、ビットコインに対応するカードのほとんどは、欧米のペイロールカードなどの流用であり、現金を引き出すだけで数%や数ドルの手数料がかかっていたと説明し、マルチカレンシー対応を前提としたマネパカードに、Zaifのビットコイン為替エンジンを組み合わせることによって、利便性だけではなく手数料の面の強みがあると述べている。

同社は今後、このサービスのチャージの時間差改善や対応通貨の多様化などに取り組むほか、Zaifで取り扱うビットコイン以外の仮想通貨やトークンでもマネパカードへのチャージを可能にする計画があると述べている。

テックビューロ株式会社について

テックビューロ株式会社は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボである。ビットコインを含む暗号通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」やプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供している。

Zaifについて

「Zaif(ザイフ)」は、テックビューロ株式会社が取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名である。FXや先物も取り扱う日本最大級の仮想通貨取引所の他、定期積み立てサービスや決済サービスなども提供している。

株式会社マネーパートナーズについて

マネーパートナーズは、オンラインでの外国為替証拠金取引の専業会社として初めて上場を果たし、インターネットを利用したサービスの簡素化を追求、手数料などの無駄を省き、日本最安コスト※2の外貨両替とプリペイドカード発行事業を拡大してきた。

マネパカードについて

マネパカードはマネーパートナーズ株式会社が発行する、15歳から申し込みが可能なMasterCardロゴ入りのお財布カードである。クレジットカードとは違い、指定した通貨で指定した金額だけをチャージして、店舗やATMで使うことができる便利なカードです。6つの通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)に対応し、好きな通貨に変換しチャージすることが可能である。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article