• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

6

AJA、広告主企業とメディアのブランドセーフティを実現する「AJA PMP」を提供開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:藤田晋)の連結子会社でメディア発のアドテクノロジー事業を行う株式会社AJA (本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:山田陸)は、広告主企業とメディア双方のブランドセーフティを実現するプライベートマーケットプレイスとして「AJA PMP」の提供を開始した。

昨今、インターネット広告において運用型広告を通じた広告配信が拡大する一方で、広告主企業にとっては、ビューアビリティが低い面への配信や不適切なコンテンツを掲載するメディアへの配信など、不正広告やブランド毀損に繋がる広告配信が問題視されている。
メディアにとっても同様に、薬機法や景品表示法などに違反している広告クリエイティブや、ユーザーにとって不快な広告クリエイティブが配信される懸念があり、これらの対応策が求められている。

このような背景のもと提供を開始した「AJA PMP」は、サイバーエージェントが「Ameba」をはじめとした数多くのメディア運営により蓄積した広告配信に関するノウハウと技術を取り入れたPMPである。
参加する広告主とメディアが限定された広告取引市場において、広告主企業とメディアのブランド毀損における課題を解決し、双方のブランドを守りながら高品質な広告配信を実現する。

「AJA PMP」の特徴として、広告掲載インプレッションではなく、ユーザーに広告が視認可能であったビューアブルインプレッションのみを課金対象にしている点が挙げられる。
広告掲載予定のページのコンテンツを予め解析し、広告主企業の業種別のリスク度を可視化してメディアからのビッドリクエスト時に警告する機能の実装を予定しているため、広告主企業はブランド毀損に繋がるリスクを回避した広告出稿が可能にとなる。

このほかにも、「Ameba」がこれまで実施してきた取り組みと同様に、24時間有人監視にて公序良俗に反するコンテンツの削除、コンテンツを自動的に解析しカテゴリの分類やスパム判定をシステムにて実施、掲載されているアドネットワークやDSPのクリエイティブ審査なども行う予定である。

株式会社AJAでは、「AJA PMP」を通じて広告主企業とメディア双方のブランドを守ることができる広告取引を実現するとともに、更なる機能拡充に努めていく方針である。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article