• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

6

PCI QSAカンパニーNCCグループとNANAROQが協業しPCI関連の監査、コンサルティングサービスを提供

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

NANAROQ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:佐々木 慈和、以下 NANAROQ)は、サイバーセキュリティ及びリスク対策の国際的専門家であり指導的な役割を果たすPCI QSA会社として国際的PCIコンプライアンスサービスを提供するNCC Group(本社:イギリス、以下 NCCグループ)とペイメントカード監査業務及び関連コンサルティング業務において協業し、日本においてサービス提供を開始することを発表した。

近年、クレジットカードによる取引高が増加する一方で、不正アクセスなどによるカード情報の漏えいや不正使用による被害も増加している。こうした被害を防ぐために、クレジット取引に関わる事業者および行政が参画し設立されたクレジット取引セキュリティ対策協議会より「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画2017」(以下 実行計画2017)が発表され、2020年3月までのクレジットカード情報保護や偽造防止対策等の強化が提唱された。この中でクレジットカードのセキュリティに関する国際規格であるPCI DSSへの準拠が求められている。

NANAROQはこれまでPCI DSS準拠をはじめクレジットカードにおけるセキュリティ対策のコンサルティングサービスを提供してきた。実行計画2017を背景に今後の関係企業の速やかなPCI DSS準拠等のために、NANAROQは英国最大手の審査機関(QSA)であるNCCグループと協業し、ペイメントカード監査業務及び関連コンサルティングサービスを提供する。

今回の協業においては、ヨーロッパやアジアをはじめ世界各国での監査実績を誇るNCCグループがペイメントカード監査業務を、NANAROQは関連するコンサルティング業務を提供する。NCCグループの実績とノウハウを活かし確実なセキュリティ対策実行を支援する。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article