• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

4

NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトがデジタルトランスフォーメーションを実現する協業を強化

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下 NTT Com)と、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は、最新テクノロジを活用して経営改革を図る「デジタルトランスフォーメーション」の実現に向けて、協業を強化することを発表した。

今回、顧客のビジネス変革に向けたさまざまなニーズに対応するため、「ハイブリッドクラウドのPaaSへの拡大」および「働き方改革ソリューションの本格化」を進めることで協業関係を強化し、サービスラインナップを拡充します。これにより、顧客のデジタルトランスフォーメーションの実現や働き方改革の推進に貢献する。

両社は、2017年4月より、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」とNTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」を効果的に組み合わせたハイブリッドクラウドサービスや、「Microsoft Office 365(以下 Office 365)」による働き方改革ソリューションを提供してきた。今回、新たに二つの取り組みを開始し、顧客のデジタルトランスフォーメーションの実現を推進する。

(1) ハイブリッドクラウドのPaaSへの拡大と運用管理機能の拡充
「Microsoft Azure」に対応した「SQL Database」、「Web Apps」などの豊富なPaaSメニューと、「Enterprise Cloud」をAPIで連携し、「Enterprise Cloud」のオプションとして2017年10月5日より提供開始、順次拡大していく。これにより、社内システムのクラウド化などを進める顧客にハイブリッドクラウドの多様な利用環境を提供する。例えば、ビックデータなどの秘匿性の高いデータを「Enterprise Cloud」へセキュアに蓄積し、そのデータを暗号化した上で「Microsoft Azure」に搭載されたPaaSで安全に分析するといった利用が可能となる。

(2) 「Office 365」による働き方改革ソリューションの本格化
働き方改革の推進に向けて、NTT Comのアプリケーションサービスやネットワークサービスと「Office 365」を連携させたソリューションの提供を本格化する。具体的には、「Office 365」とNTT Comの法人向けレンタルサーバーサービス「Bizメール&ウェブビジネス」やインターネット接続サービス「OCN」、SD-WAN(※1)サービスを組み合わせて顧客の業務効率の向上に貢献する。

※1:Software Defined WANの略称。サーバーやルータなどのハードウェアで構築されたネットワーク上に仮想的な別のネットワークを構築し、ソフトウェアで統括する。一元管理を成すための、従来とは発想から異なる革新的な技術である。

 

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article