• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

4

ソフトバンク・テクノロジー、Taisys Technologiesとモバイルデバイス向けサービス連携に向けた基本合意書を締結

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市 以下、SBT)とサイバートラスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市 以下、サイバートラスト)は、Taisys Technologies Co., Ltd.(本社:台湾台北市、CEO:Jason Ho 以下、Taisys)と両社の技術を連携させたモバイルデバイスにおけるセキュアな統合機器管理基盤の開発および提供を目的とした基本合意書を締結したことを発表した。

スマートフォンやIoT機器などの通信システムとして利用されるSIM(Subscriber Identity Module :加入者識別モジュール)カードにはさまざまなサービスに対する識別情報や暗号解除のための情報が書き込まれている。近年、携帯電話紛失時の遠隔ロックのように、このSIMカードの情報を無線ネットワーク経由で遠隔から書き換えできる技術が商用化され、M2M市場およびコンシューマー向けサービスにおいて世界各国で普及している。今後さまざまな場面で利用されることが期待される一方、重要な情報を取り扱うことから高度なセキュリティ運用管理が必要とされる。

Taisysは、SIMカードの耐タンパーエリアに識別情報などを書き込む技術を保有しており、ソフトバンク・テクノロジーのクラウド環境の構築・運用保守技術とサイバートラストが持つ「セキュアIoTプラットフォーム」の技術と連携することでデバイスの製造時から出荷後まで安全性を担保する仕組みの開発を目指して、このたびの基本合意書を締結した。Taisysの技術は、SIMカードの耐タンパーエリアに書き込んだマイナンバーの付帯情報など、金融サービスや納税の用途でも実績がある。

今後3社は 、各社が保有する「超薄型SIM」「クラウド開発・運用」「電子認証」「IoT機器管理」「組込みOSや安全なソフト更新の仕組み」の技術を組み合わせ、スマートフォンやIoT機器を活用したサービスプロバイダーに対して、新たなモバイルビジネスモデルの開発とそれら機器のライフサイクル全体の安全性を実現するプラットフォームを提供することを目指す。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article