• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

7

みんなで作るソーシャル基金サービス「Gojo」がメルカリ等からシードラウンドで5500万円の第三者割当増資を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

フィンテック領域でソーシャル基金サービス「Gojo(ゴジョ)」(以下Gojo)を開発する株式会社BrainCat(東京都千代田区、代表取締役:中村貴一)は、2017年10月31日に、シードラウンドで5500万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。
引受先は、株式会社メルカリ、GMO VenturePartners株式会社、株式会社セレス、個人投資家の家入一真、提橋由幾となる。また、第三者割当増資と同時に社外取締役に家入一真が就任した。
株式会社BrainCatは今回調達した資金を使って、2018年3月にリリース予定のソーシャル基金サービス「Gojo」の開発および事業推進を行う。

◆ソーシャル基金サービス「Gojo」について

Gojoは、お金のやりとりをベースにして、継続的かつ双方向のコミュニケーションを実現する相互扶助のプラットフォームとなる。
人・企業・国を問わず、誰でも互助組織(Gojo)を作ることができる。

Gojoの使い方はシンプルで、まず、発起人が作りたい互助組織のアイデアを発信し、審査が通ると「Gojo」が成立する。Gojoに参加したメンバーは定期的にお金を拠出してプール金を作ります。そして、メンバーがGojoのテーマに関連したお金が必要になった時は給付金を申請することができ、他のメンバーから承認されると、Gojoに貯めていたプール金から給付される。

このようにGojoは、みんなで集めたお金をシェアすることで、必要な時に必要な人へお金が流れる仕組みを提供していく。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article