IT

7

グレープシティ、Web標準技術でARアプリを開発できる「Wikitude」などの販売を開始

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

グレープシティは、2015年10月20日にHTML/JavaScript/CSSなどのWeb標準技術でAR(拡張現実)アプリを開発できる「Wikitude SDK」および、ブラウザ上でARコンテンツを簡単に作成するクラウドサービス「Wikitude Studio」、大規模AR開発用ソリューション「Wikitude Cloud Recognition」と「Wikitude Targets API」を発売すると発表した。

SDKのライセンス価格はiOSまたはAndroidで1アプリを開発/配布できる「SDK Lite」で112,000円(税別)。そのほか、開発できるアプリケーションの数やデバイスの種類により複数のライセンス体系を用意。

AR(拡張現実)は、スマートフォンやスマートグラスを通して見る現実世界の風景に動画や画像、3Dモデル、文字情報といったデジタルコンテンツを重ね合わせる技術であり、例えば、印刷された製品カタログにスマートフォンのカメラをかざすとショッピングカートが表示されそのまま商品を購入したり、地下に埋設する配管設備の見取り図を実際の作業現場でスマートグラス越しに確認したりできるなど、人々の生活や仕事に直接利益をもたらす仕組みを提供する。そのため、あらゆる産業での活用が予測され、2020年には世界予測で約14.4兆円の市場規模に成長するとも言われてている。

このようなARアプリの開発は、これまで専門知識と特殊な環境が必要としてきたが、WikitudeはHTML/JavaScript/CSSというWeb標準技術でARアプリを作成できるため利用しやすく、従来よりも多くの開発者がARアプリ開発に取り組むことが可能。

Wikitude SDKは、場所を認識してARコンテンツを重ねる「ロケーションベース型」と、任意の画像を認識してARコンテンツを重ねる「画像認識型」の両方をサポートしており、iOS、Androidおよびスマートグラスに対応したネイティブアプリを開発でき、XamarinやCordova、Titanium、Unityといったメジャーな開発環境のプラグインも無償で提供する。AR開発のハードルを下げ、急激な需要の伸びにより懸念される開発者不足もカバーするとしている。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy