• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

地方創生

3

楽天、中振連と駐車場シェアリングサービスを通じた地域活性化に関する連携協定を締結

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

広島市中央部商店街振興組合連合会(理事長:下村 純一、以下「中振連」)と楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、駐車場シェアリングサービス「楽天パーキング」を通じた地域活性化に関する連携協定(以下、「本協定」)を、締結したことを発表した。

近年、広島市郊外では大型ショッピングセンターが相次いで開業しており、若い世代の夫婦・子育て世代の多くは車を利用して郊外に買い物に出かける傾向が見受けられる。その理由の一つとして、駐車場を探したり、割高な駐車場を利用したりしなければならない市内中心部に対し、郊外の商業施設は付属駐車場を容易に利用できることから車で出かけやすいという点が挙げられる。こうした中、中振連と楽天は市内中心部周辺において駐車場シェアリングサービスを活用して駐車環境を改善することで、市内中心部の商店街や大型店に買い物客を呼び込み、地域社会の活性化を促進することを目的に本協定を締結した。

本協定により、「楽天パーキング」において、中振連が以前から運営している広島市中央部駐車場システムに加盟する、広島市内中心部に近接する立地の良い駐車場が割安で予約可能となる。ドライバーは、同サービスを利用することで駐車場を事前に予約し、駐車場の空き状況を心配することなく、より気軽に車で商店街に出かけることができるようになる。中振連は、提携駐車場の駐車スペースを効率的に貸し出せるようになるため、市内中心部周辺の駐車環境の改善が期待できる。また、本協定に基づき、両者は今後、サービス利用者に向けて市内中心部への集客を促進するキャンペーンを実施するなどの取り組みも進めていく。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article