• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

地方創生

2

山梨県身延町とトラストバンク、ふるさと納税を活用した新事業を開始

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

山梨県身延町(所在地:山梨県南巨摩郡身延町、町長:望月幹也)と自治体契約数等で日本最大のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https://www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代)は、11月13日から、ふるさと納税の制度を活用した使途を明確にして資金調達をする「ガバメントクラウドファンディング」を開始した事を発表した。
調達した資金は、町にしだれ桜を植栽するために使われる。
同事業は、「ふるさとチョイス」のサイト上で寄附金を集め、目標金額は940万円に設定され、期間は2017年11月13日から2018年1月31日までの80日間となる(注)。

山梨県身延町は、山梨県の南部に位置し、山々に囲まれた自然豊かな町であり身延町の北部には「西嶋和紙」、東には全国の湖の中でも屈指の深さと透明度を誇る「本栖湖」、その隣には下部温泉郷、また日蓮宗総本山身延山久遠寺の周辺には精進料理に欠かせない「ゆば」料理の店などが点在しており、観光地としても人気で国内外から多くの観光客が訪れている。

今回のプロジェクトは、シダレザクラを植栽し、町のイメージアップを図り、観光に結び付けるために、平成28年度から始まった「しだれ桜の里づくり事業」を推進するために実施される。「しだれ桜の里づくり事業」は、町の高校生が「町全体を桜一色にしたい!」と町長に提案したことで始まった事業となる。

同プロジェクトの寄附者へは、植栽するしだれ桜に設置するプレートに寄附者の氏名などを入れられる権利や、「里人の証」の証明書などをお礼の品として用意される。

同社は、自治体が寄附金を集めるために、寄附金の使途を明確にすることが重要であると考えており、ふるさと納税の制度を活用したクラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」によるプロジェクトの立ち上げに力を入れている。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article