• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech IOT

9

みずほ銀行と富士通、虹彩や顔を利用した生体認証サービスを開発・提供へ

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区 取締役頭取:藤原弘治)と富士通株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:田中達也)は4月11日、オンライン認証規格「FIDO」(Fast IDentity Online)に準拠した生体情報による認証サービスの開発に着手したと発表した。
2017年秋ごろを目処として、「みずほダイレクトアプリ」のログイン時に指紋や虹彩、顔などの情報を利用した認証サービスを利用できるようになる。

利用者は、保有するスマートフォンに「指紋」「虹彩」「顔」のいずれかの情報を登録し、みずほダイレクトアプリにログインする際、登録済の生体情報で認証を行うことで、顧客番号やログインパスワードを入力する手間なくログインすることが可能となる。

指紋や虹彩の情報を利用する場合は、スマートフォンに読み取り装置が必要であり、顔の情報はスマートフォンのインカメラを用いる。
同社は、第三者に不正利用されないよう専用の認証技術を採用しているため、ユーザーの写真を悪用して顔認証されることはないと述べている。

同サービスには、富士通がデジタルビジネスプラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」上で提供している「Finplex オンライン認証サービスfor FIDO」を活用する。

FIDOとは、FIDO Allienceが推奨する次世代オンライン認証の国際標準規格であり、今後のオンライン認証のデファクトスタンダードとなるとされている。
生体情報そのものを通信するのではなく、署名データのみを通信するため、漏えいすることがなく、利用者の保有するスマートフォンを生体情報の読み取り機器として活用するため、生体情報がサービス事業者側で保有されることもないとされている。

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article