• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI IOT

18

CYBERDYNE、ワークスアプリケーションズへ資本出資

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

CYBERDYNE株式会社(本社:茨城県つくば市 代表取締役社長:山海嘉之)と株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区 代表取締役最高経営責任者:牧野正幸)は、日本政府が世界に先駆けた超スマート社会として推進する『Society 5.0』の実現に向けて、サイバニクス技術と人工知能技術(AI)による次世代システムの共同開発を前提とする業務提携および資本提携(CYBERDYNE社からワークス社への資本出資)を行ったことを発表した。

今回の提携により、CYBERDYNE社のサイバニックデバイスやサイバニックインタフェース等から得られる生体情報や環境情報等とワークス社の人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE」を連携させ、共同で次世代システムの開発等を進め、IoTやAIを含む科学技術の成果をモノづくりだけでなく様々な分野に広げ、経済成長や健康長寿社会の形成、さらに『Society 5.0』の実現に向けた取り組みを通じ、社会変革(サイバニクス革命)を推進していく。
この提携は日本政府が新たに打ち出した、高い技術力や高度な現場力を活かすソリューション志向の新産業社会である『Connected Industries*3』の動きにも連動するものである。

CYBERDYNE社は、人とロボット(機械)と情報系を融合複合したサイバニクス技術によって超高齢社会が直面する課題を解決するため、ロボットスーツHALをはじめとするIoT化されたサイバニックデバイスやサイバニックインタフェースなどの研究開発を進めている。

ワークス社は、世界初の人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE」を開発し、「Workforce Tech」を推進している。
「Workforce Tech」とは、個人の生産性向上を最大化するテクノロジーであり、産業革命により社会構造がドラスティックに変化するなか、個々人が求める働き方や将来を担う新しい世代の価値観やニーズに応えることができる唯一のソリューションである。

今回の業務提携は、「科学技術は人や社会の役に立ってこそ意味がある」という社会課題解決型の企業理念を持つCYBERDYNE社の「サイバニクス技術」とワークス社の「Workforce Tech」が融合することで、CYBERDYNE社が牽引する『Society 5.0』とワークス社が牽引する『Connected Industries』の実現に向けた次世代システムの創出に合意したものである。
この次世代システムが社会インフラに組み込まれることで、産業界をはじめとするさまざまな社会課題の解決のみならず、人と社会とテクノロジーが共生する未来社会『Society 5.0』の実現を目指している。

業務提携の内容

1.サイバニックシステム等から得られる生体情報・環境情報を生かした労務管理・生産管理等を目的とした次世代ERP/ソフトウェアの共同開発
2.サイバニクス技術を利用した、社員の健康維持・向上、職場環境全般の改善のためのシステム及びデバイスの共同開発
3.サイバニクス技術を利用した次世代型生産システムの共同開発
4.その他、サイバニックシステム等向けのソフトウェアの共同開発

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy